2歳児の歯磨きに困っているママ必見!!暴れて嫌がる子供の心理とは?

子供の歯磨きって大変ですよね!!

2歳の子供と言ったら「魔の2歳児」「イヤイヤ期」とも言われるように、自己主張が強くなってきて、1歳のときはいい子に歯磨きができていたのに…と悩んでいるママも多いと思います。

 

歯磨きは大切なことだから嫌がっても無理やり寝かせて仕上げ磨きをする!!というほど大切なことです。

でも毎回無理やりやっていると、ママも疲れてしまいます。

できることなら、歯磨きの大切さを伝えて、なおかつ楽しんで歯磨きができたらよいですよね。

 

我が家の2歳の息子も歯磨きを毎回嫌がります。

嫌がり始めた当初、無理やり寝かせて歯磨きをすることもしばしばありました。

そこで私もなんでこんなに嫌がるんだろうと疑問に思ったことがあります。

 

ということで、これから子供がなぜ歯磨きを嫌がるのか、どうしたら歯磨きをするようになるか、また歯磨きの正しいやり方についてお話していこうと思います!!

≪結論≫
歯磨きを嫌がるのには理由があることもある
・歯磨きの大切さは優しく何度も教えてあげるべき
うまくできたら褒めてあげる
≪こんなママに読んでほしい!≫
毎回無理やり歯磨きをして、ママも子供も嫌な気持ちになる
ちゃんと磨いてあげたいのに、暴れてあまりうまく磨けていないのでは…と不安なママ
・せっかくなら楽しく育児をしたいと思っているママ
≪この記事を読むメリット≫
子供が歯磨きを嫌がらずにしてくれるようになる
子供の歯磨きの時間がママも嫌じゃなくなる
スポンサーリンク

2歳児が歯磨きを嫌がる理由!!

もちろん歯磨きはすごく大切なことなので絶対やらなきゃいけないことだと思います。

でも、暴れて嫌がる子供に無理やり仕上げ磨きをするのは、子供もずっと歯磨きは嫌なものだ!!という認識ですぎていってします。

 

3歳になれば理解もできるようになるから、その時までは仕方ない!!と思い、無理やりやることもできますが、そのままだと育児の項目の中で歯磨きは、ママも気が重くなってしまいますよね。

 

私がわが子の嫌がる姿をみていて思うのは、毎回嫌がり方が違う気がするのです。

・機嫌もよく笑顔で逃げる時

・首を横に振りながら「イヤ!!!!」と言っているとき

・いざやるときになったら泣きながら暴れて嫌がる

 

2歳の子供ですが、理由があって嫌がっているのだなと思います。

 

ただひとつ言えることは、喜んで歯磨きをしようとすることがわが子にはありません。

息子と同じ2歳の甥っ子は、歯磨きを嫌がらずに喜んで寝転がるそうです。

耳掃除は泣きながら嫌がるそうです。(息子は耳掃除は喜んでやります!!

 

このように嫌がる事にも個性があり、みんながみんな同じじゃないからママも不安になるんですよね。

 

でもわが子だからこそ、ママがその子が言いたいことを一番よくわかっているのではないでしょうか。

 

我が家の息子は暴れて嫌がるときは大抵、他にやりたいことがあるときです。

これにはイヤイヤ期も関係しているのかもしれないですが、一度子供の思いを聞いてあげればいいと思います。

 

大人からしたらそんなの後で!!と思うことでも、子供にとっては超重要事項なんですよね!!

 

2歳児の子供には、駆け引きが重要です。

理由によっては、その理由を叶えてあげられるときと、こちらの伝えることを先にある程度理解してもらう必要があるときがあります。

 

例えば、自分で歯磨きをしたいときは、それはとても重要なことでいつかは自分でやるのだから、やりたい気持ちを大切に子供の気が済むまでやらせてあげればよいのです。

気が済んだら、次はママがやるね!!と交代して仕上げ磨きをしましょう。

それでも嫌がるときには、「ばい菌さんきちゃうよ!!お口の中痛い痛いになるよ!!今度はママがばい菌さんをやっつけるね!!」と伝えながら、そこは嫌がってでも少し無理やり仕上げ磨きをしてあげましょう。

 

このように、あなたの思いも聞くけど、やらなきゃいけないことはきちんやろうね!!という思いを込めながら、頑張りましょう!!!

歯磨きはすごく大切なことです!!優しく大切さを伝えましょう。

一般的に乳歯が生え変わって永久歯になるのは12歳前後といわれています。

生え始めから12歳までの一番成長する時期に大切なのが歯です!!

食べ物をよく噛むというのは、脳やアゴの筋肉や骨の成長にすごく大切なのです。

 

とはいっても、こんなことが2歳の子供には理解できないでしょう。

重要なのは、歯磨きをしないといけないということ、歯磨きは怖かったり痛かったりするものではないと理解してもらうことです。

 

今は絵本もたくさんあるので、歯磨きの絵本を子供と楽しく読むのもひとつの手です。

 

我が家は大胆ではありますが、歯磨きをするときには家族みんなでして、仕上げ磨きをするときには、主人の仕上げ磨きも私がやってみせます!!

そうすると子供は全然嫌がらず、寝転がって仕上げ磨きをさせてくれます。

やり終わったときには「いい子にできたね!!ばい菌さんいなくなったよ!!」とその子に理解できるように、しなければならないんだ!!ということを伝えます。

 

もう少し大きくなれば理解も深まり、歯磨きをしないとどうなるか理解できると思うので、それまではその子がわかる言葉でわかる範囲で、大切さを伝えてあげましょう。

スポンサーリンク

仕上げ磨きが終わったら、褒めてあげましょう

嫌がる事を頑張って子供もやったのです。

よく頑張ったね!!ばい菌さんこれでこないね!!痛くならないよ!!と、なんでもいいのでやってよかったと思えるようなことを子供に伝えてあげましょう。

 

そのうち毎回伝えなくも、本人が自分の心で同じ言葉を繰り返し始めるはずです。

 

歯磨きの大切さもそうですが、子供にとって結論よりも、なぜやらないといけないのか、やらないとどうなるのかということは、とても重要なことだと思います。

 

歯磨きをしたことによって、子供が頑張ったことによって、どれだけよいことなのか初めは伝えていってあげることが大切だと思います。

2歳の子供が歯磨きを暴れて嫌がるのには必ず理由がある!!【まとめ】

  1. なぜ歯磨きを嫌がるのか、子供の様子をよくみて聞いてみる
  2. 歯磨きが大切なこと、しなければならないことだってことは理解させる
  3. 必ずできたら褒めてあげましょう

 

2歳の子供にも意思があります。理由があります。

一番近くでみているママならきっとその理由がわかってあげられます。

 

今のその子にあった理解度でいいので伝えてあげて、それでも嫌がるときには無理にやってもいいと思います。

 

うちの子全然歯磨きしない!!すごく嫌がる!!と気持ちが滅入ってしまうママもいると思います。

でもそんなときは子供もきっと同じ気持ちでいると思います。

 

ママに余裕があるときでもいいので、一度子供の気持ちを聞いて、その子に理解できる言葉で大切さを伝えてみましょう!!

スポンサーリンク
おすすめの記事