五月人形の使い回しはNG?二人目の男の子にはコレを贈るのがおすすめ

端午の節句に飾る「兜飾り」や「鎧飾り」などの五月人形って、見た目にもカッコいいですよね。

 

有名な戦国武将の鎧兜を再現したものが多く、歴史好きな人だけでなく歴史を全く知らない人でも選ぶ楽しみがあるほどです。

 

もともと武家に生まれた男の子の健やかな成長を願って飾っていたのがルーツで、

実際に使用する甲冑を小さなころから飾って準備していたと言われています。今の日本は平和な世の中ですから甲冑は必要ありませんが、子供の成長を願うのはいつの時代も同じだったのです。

 

では「うちは男の子ばっかりなのよ」という家庭では、五月人形をふたつ準備するのでしょうか。

五月人形を二人目に引き継ぐのはダメ?

使い回しは良くない?

 

結論から言うと、我が家は男の子二人ですが兜飾りはひとつしかありません。

 

なぜひとつにしたのか、二人目のときはどうしたのかなど、我が家の例をあげながら紹介していきますね。

【結論】
・五月人形の使い回しは、厄のことを考えるならおすすめしない
・下の子には名前旗や武者人形などを準備してあげるのが吉
【こんなママに読んでほしい】
・弟が生まれたけど、五月人形をどうすればいいのかわからない
・五月人形は買えないけど、下の子(弟)にも何かしてあげたい
【この記事を読むメリット】
・男の子兄弟の場合、みんなが五月人形をどうしているかをすればいいのか知ることができる
・下の子にしてあげられる節句のお祝いアイデアがわかる
スポンサーリンク

二人目に引き継ぐのは有り?

そもそも五月人形には厄除けの役割があります。五月人形を引き継ぐ・使い回すということは、五月人形が受けていた厄までも引き継いでしまうことになります。

 

なので、厄を引き継がせたくないと考えるのなら、おさがりを譲り受けるのは避けた方が無難。ひとりにひとつ、用意してあげましょう。

 

ちなみに、お雛様の引継ぎについても同じことが言えます。
以下は我が家の体験談ですが…
私が子どものころに飾っていたお雛さま、これは姉が譲り受けています。我が家には女の子がいないので姪っ子が引き継いでくれたことを喜んだものですが、上記で説明したとおり、本当はあまりおすすめしないことだったようです。
お雛様も厄を代わりに背負ってくれるものだから、それをそのまま子どもに引き継いでしまうと、厄を渡してしまうことになります。もともとのお雛様の持ち主が順風満帆で幸せな人生だったとしても、それはお雛様が代わりに厄を引き受けていたからと考えることもできますよね。

 

 

我が家のパパの実家には、今でも節句が近づくと玄関に兜を飾ります。少し年季が入っているものですが、パパたちが子どものころからずっと飾ってきたものだと聞いています。

今でも義母はその兜を大切にしているのだとわかりますよ。

 

ただ、厄云々を除けば、個人的には五月人形やお雛様を受け継いでいくことは素敵なことだと考えます。今でも姉の家にある七段飾りをみると心が温かくなるんですよね。

 

正直なところ、五月人形の役割も時代とともに少しずつ変化しているのは事実です。地球環境のことやモノを大切にする心など、今の時代に伝えられることもありますしね。

パパのおさがりや兄弟それぞれに準備しないとダメ!というわけではありません。大切なのは、あなたがどうしたいかです。

これが正解という答えがあるのではなく、あなたの家庭にあった答えを見つけることができるといいですね。

では、我が家はどうしたのかというと…↓

【二人目の男の子向け】節句のお祝いおすすめ方法

我が家には男の子が二人います。こどもの日が近づくと、伊達政宗の三日月形兜を出して節句の準備をします。ただ男の子二人だからといって二人分の兜飾りを出すわけではありません。

 

私自身は子どものころ、七段飾りの雛人形を飾っていました。だからこそわかるのですが、桃の節句の七段飾りと比べると確かに男の子の節句は飾るスペースは少ないです。それでも五月人形を一式飾ると、結構なスペースが取られます。

 

豪邸とは程遠い我が家では、五月人形を二人分飾る余裕はないのです。

 

でもそれは我が家だけではないですよね?場所だけの問題ではなく、高価な五月人形を二人分揃えるというのは、費用の面でも負担は大きいでしょう。

 

おじいちゃんおばあちゃんが買ってくれると言ってくれても、そこまで甘えていいものかと考えてしまいます。

 

ではどうすればいいのか。

・「鎧飾り」と「兜飾り」のようにアイテムを変える
・名前旗のようにオンリーワンアイテムを贈る
・コンパクトな武者人形や破魔矢を準備する
・鯉のぼりの数を増やす

男の子二人の五月人形問題を解決するには、こんなにアイデアがあるので心配無用です。

 

我が家の場合は、名前旗を二人分用意しました。名前は親が子どもに贈る一番初めの贈り物ですよね。その名前を入れた幟旗ですから、きっと子どもにも想いが届くはずと思って決めました。

 

仲の良いお友達の家では、こどもの日が近づくと玄関に小さな人形を飾っています。初めはただの置物だと思っていたのですが、実は武者人形と言って五月人形の一種だということを教えてもらいました。

 

お兄ちゃんが生まれた時に立派な鎧兜を義両親にプレゼントしてもらったので、弟が生まれた時はコンパクトに飾れる武者人形をお願いしたのだそう。

 

玄関の飾り棚におけるほどの小さなサイズですが、お邪魔するとすぐに目に入るのでナイスなアイデアで素敵ですよ。

スポンサーリンク

五月人形の使い回しについて【まとめ】

  1. 五月人形の引継ぎは、厄をも引き継いでしまうと考えられている
  2. モノを大切にする心を引き継げば、お飾りを代々伝えるのもアリ
  3. 兄弟それぞれに節句のアイテムを準備してあげるといい

 

五月人形は本来、子どもの健やかな成長を願って飾られるものです。そのため兄弟がいる場合はそれぞれに準備してあげるのがいいとされてきました。

 

でも、飾るスペースや予算などを考えると、兄弟がいても二人分は用意できないという家庭は多いです。

 

我が家にも息子が二人いますが、兜飾りはひとつしかありません。二人分を飾るスペースは我が家にはありませんし、おじいちゃんおばあちゃんにもう一人分お願いするのも気が引けました。

 

そこで我が家がどうしたかというと、名前旗を兄弟それぞれに作ったのです!

 

名前入りのアイテムはオンリーワンが伝えやすいモノですよね。兜飾りは二つ準備できなかったけど、ママとパパの初めての贈り物「名前」を入れた名前旗は、親の想いを伝えるには最適なアイテムだと感じて決めました。

 

五月人形は、その子の厄を代わりに引き受けてくれる役割があると言われています。だから「パパや兄弟のおさがりはダメ」と言われることもあるのですが、モノを大切にする心や地球環境のことを考えると、絶対にNGというわけではないと思うのです。

 

一番大切なのは、親の想いをしっかりと子どもに伝えるということ。

 

豪華な五月人形でも、出すのが面倒でしまい込んでいたら意味がありません。大きくなったあとでも、毎年節句が来るたびに飾ってあげる方が生まれた時の喜びを伝えられるのではないでしょうか。

この記事を参考に、あなたの家庭にあった答えが見つかるといいですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事