保育園の運動会の種目をご紹介!0歳児はどんなことをするの?

保育園の一大イベントといえば、運動会!

入園して初めての運動会、まだ0歳児だけど、どんなことをするのかな?と思っているパパやママもいるのではないでしょうか。

また、初めて0歳児の担任になったけれど、運動会はどんなことをしよう、、と悩んでいる保育士さんもいるかもしれません。

 

そこで保育士の経験がある私が、保育園の運動会で0歳児向けにはどんな種目があるのか、ご紹介します!

 

運動会といえば、かけっこや玉入れなどを思い浮かべる人も多いと思いますが、まだ一人でできることの少ない0歳児は親子で行うことが基本であり、簡単な種目がメインですよ!

スポンサーリンク

乗っている姿がかわいい!ダンボールカー

0歳児の定番の種目は、ダンボールカーです。

ダンボールで作ったトロッコのような車に子供を乗せて、パパやママが引っ張ってゴールまで運ぶのです。

ダンボールカーには引っ張れるように紐をつけます。

 

パパとママは少し大変ですが、0歳児がダンボールに乗って運ばれている姿、表情がなんともかわいいこと!

他の学年の保護者からも「かわいい~」と声が上がり、会場は和やかな雰囲気に包まれること間違いなし!

 

また、子供は動くおもちゃが大好きです。

それから、ダンボールなどの箱の中に入るのも大好きです。

初めての運動会で緊張してしまった子でも、無理なく行うことができる種目ですよ。

運動会前から乗せて練習し、慣らしている場合がほとんどだと思うので、きっと喜んで乗ってくれると思います!

 

ダンボールカーは家でも簡単に作れるので、家の中での遊びに取り入れても楽しそうですね!

簡単!かわいい!ハイハイレース

ハイハイレースも簡単に行え、かわいらしい種目です。

スタートからゴールを目指してハイハイをするだけです。

スタートからゴールまでの距離は2mくらいです。

 

ゴールにパパやママが待ち構えていて「おいで~」と呼びかけたり、ゴールに0歳児が興味を引きそうなおもちゃを置いておいて、そのおもちゃを目指してハイハイしてもらいます。

 

おもちゃを目指してゴールすると、それぞれの子がどんなおもちゃを選ぶのか、個性が出ておもしろかったりもします。

 

一生懸命ハイハイしている姿や、途中で止まってしまって周りをキョロキョロ見渡したり、歩ける子は立ち上がって歩き出してしまったり、、そんな姿もかわいらしくて、やはり会場は盛り上がり、暖かい空気に包まれます。

 

ハイハイレースに簡単な障害物を取り入れることもあります。

スタートとゴールの間にマットなどで小さい山を作ったり、フラフープなどの輪をくぐってもらったり。

トンネルだと、0歳児は怖がって入らない子もいるので、輪がいいですね!

0歳児の種目の際には常に保育士がそばについてサポートするので、障害物があっても大丈夫!

ちょっとした障害物は、0歳児の好奇心をくすぐり、乗り越えた時に笑顔が見られたり、いろいろな感情や表情を引き出すこともできます!

 

途中で止まってしまってどうしても動けなくなってしまったら、無理せずパパママが抱っこしてあげてゴールしてくださいね。

スポンサーリンク

ダンボールカーとハイハイレースを組み合わせても

高月齢の子が多いクラスだと、ダンボールカーとハイハイレースを組み合わせて種目を作ることもあります。

 

コースの途中におもちゃなど0歳児の気を引くものを置いておき、そこでパパやママにも待機してもらいます。

コース途中にダンボールカーも用意しておきます。

そしてハイハイでスタートして、途中でおもちゃなどを選んでもらい、その後ダンボールカーに乗せてパパやママが引っ張ってゴール!という流れ。

 

衣装や小道具で物語性を持たせたりもします。

たとえば、森の動物が木の実や果物を拾うという設定。

動物の衣装を作って着せて、途中のおもちゃを折り紙や新聞紙を丸めてカラーセロファンで包んで作った木の実や果物にして、ダンボールカーを草っぽく装飾して。。。

とってもかわいいですよ!!

保育園の運動会、0歳児クラスの種目まとめ

  1. ダンボールカー
  2. ハイハイレース
  3. ダンボールカーとハイハイレースの組み合わせ

 

普段の保育園の様子が見られたり、見たことがない新しい表情を見られたり、成長を感じられたり、、運動会は楽しいイベントですよね!!

 

とはいえ初めての運動会。

普段人見知りをしない子でも、慣れない環境で動けなくなってしまったり、泣いてしまうこともしょっちゅうあります。

 

パパやママは「なんで!?いつもはこんなんじゃないのに!」という気持ちになってしまうかもしれません。

でも、大丈夫!!

 

子供たちの1年後、2年後の成長は目覚ましいものがあります。

0歳児のころは泣いてしまったよねぇ、と良い思い出になることが多いです。

 

ぜひ、「よく頑張ったね!」と声をかけてあげてくださいね!

 

それから、他の学年の種目の間、飽きてしまって愚図っている子もよく見かけます。

お気に入りのおもちゃや絵本を持参することをおすすめします。

その際は、保育園によってルールも違うと思うので、先生に確認してみてくださいね!

スポンサーリンク
おすすめの記事