保育所へ0歳児・1歳児を預けるママが知っておくべきことを徹底解説!!

「産後すぐに職場復帰しないといけない・・・」

「保育園って何か月から通えるんだろう?

「どんなことをして過ごすのかわからなくて不安」

 

産後、お仕事に復帰を考えておられるママさんには、こんな疑問が頭をよぎるのではないでしょうか。

待機児童問題も気になるし、そもそもうちの子って保育園に通えるの?

そんな疑問も、この記事を読めばもう大丈夫です。

0歳児・1歳児のいわゆる乳児保育について徹底的に解説していきます。

 

私自身、産後2か月で職場復帰をし、その時から息子を保育園に預けています。

現在は1歳クラスに通っていますが、今までの経験も踏まえてご紹介していきます。

スポンサーリンク

1歳児・0歳児でも保育所に通えるの?

「そもそも保育所は何歳から通えるの?

幼稚園は3歳児から通えるところがほとんどですが、保育所は0歳から通えます。

なぜこのような年齢の差があるのかというと、それぞれの役割が違うからです。

ざっくりいうと、

保育所=働いている保護者に変わって子どもを保育してくれる場所

幼稚園=小学校へ行く前の教育・勉強をするところです。

 

では何か月から保育可能なのでしょうか?

これも、各保育所によってばらつきはありますが、一番早くて産休明けから(産後57日後)から可能です。

ただ、保育士や施設の状況により、生後半年~や、満1歳~としている保育所もあります。

 

実際に通わせたい園では何か月から保育可能なのか、チェックしてみるといいでしょう。

保育時間は?

「そんなに小さいころだったら長時間預かってもらえないんじゃ?

そんなことはありません。

0歳児から、申請内容により標準保育時間でも保育を受け入れてくれます。

保育時間は、標準時間保育認定で最大11時間、短時間保育認定で8時間可能です。

ただこの保育時間は、保育園の開所時間内によります。

ママが働きたい時間に開所しているか、チェックしてから決めましょう。

スポンサーリンク

0歳児のスケジュール

では、0歳児は保育園での一日をどう過ごしているのでしょうか。

0歳児は月齢によって過ごし方が全く変わってきます。

なので、保育士も上の年齢のクラスよりもたくさんおり、ひとりひとりの子どもに合わせたリズムで過ごさせてくれます。

 

<例 03か月の保育スケジュール>

800 登園、自由遊び(ベビーベッドやバウンサー)

900 朝の会(抱っこで参加)

930 お散歩(ベビーカー)、おむつがえ

1000 ミルク、ねんね

1200 起床、ミルク、おむつがえ

1230 他の子はお昼寝中なので、先生たちが取り囲んで遊ぶ

1430 他の子起床、みんなにラックを揺らしてもらう

1500 帰りの会

1530 1歳児の子も合わせてお迎えまで縦割り保育

1700 降園

 

低月齢の間は、事前に保育園に提出した生活リズムシートの通りにすごさせてくれます。

授乳感覚や睡眠間隔が狭くても、それに合わせて保育してくれるので安心ですよ。

1歳に近づくにつれ、少しずつ規則正しいリズムに整えていきます。

うちの子の園だと、子ども2人に対し1人体制の手厚い園だったので、保育園での生活で不安に感じることはありませんでした。

1歳児のスケジュール

1歳でもまだ遅生まれと早生まれでは大きな差がある時期です。

できる範囲内で、同じようなことをして過ごしているという感じです。

できない子には、先生が適宜フォローをいれてくださっていました。

 

16か月の保育スケジュール>

800 登園、自由遊び

900 朝の会

930 トイレ、近くの公園で戸外遊び

1030 トイレ、おやつ

1130 給食

1200 トイレ、お昼寝

1400 起床、トイレ

1500 トイレ、おやつ

1530 帰りの会、0歳児と一緒に縦割り保育

1700 降園

 

うちの園では、1歳からトイトレを開始する園だったので、トイレには頻回で誘ってくれている印象でした。

歩けるようになり、戸外遊びも活動範囲が増えています。

お昼寝も1回になり、通うだけで生活が整うような内容です。

0歳児・1歳児を保育所に行かせるメリットは?

世間では、いまだに「3歳児神話」が囁かれていますが、わたしは0歳児・1歳児からの保育所利用はメリットも多くあると思います。

・生活リズムが整いやすい

・手洗いなどのいい習慣がつく

・離乳食が進めやすい

・トイトレが進めやすい

・育児に関して質問しやすい

 

育児の悩みの上位である、「離乳食」「トイトレ」に関しては、園と親で二人三脚で取り組むというような印象です。

正直、家庭でママだけで取り組むよりも、進めやすいです。

保育所では、他のお友達を見ながら真似したり、遊びながら取り組めたりするので、成功はしやすいです。

家でも、先生に保育所での様子を聞き、同じようにさせてあげることで親子で無理なく「離乳食」「トイトレ」に取り組むことができます。 

0歳児・1歳児を保育所に行かせるデメリットは?

まだ、体が未熟なうちに保育所に通わせることで、デメリットももちろんあります。

・完母育児はできなくなる

・通いだした当初は、心が不安定になる

・保育所で病気をもらいやすくなる

 

まだ母乳やミルクでの栄養が必要な場合、保育所では母乳ではあげられません。

母乳を冷凍してあげることが出来る保育所もあるようですが、衛生面でもミルクを与える方が多いようです。

ミルクの種類は、家庭のと同じものを用意してもらえます。

なので、0歳児からの保育を考えている場合は、生後すぐから哺乳瓶のトレーニングはしたほうがいいでしょう。

うちは、出産前にはもう入園が決まっていたので、完母で育てられるほどの母乳量でしたが、11回はミルクに切り替えて練習させていました。

特にそれで母乳量が減るとかはありませんでした。

離乳食が進んでいる子は、入園前に断乳を考えてもいいかもしれません。

 

あとはなんといっても、とんでもない頻度で病気をもらってきます。

治った3日後には、もう次の病気に・・・。

月に2回しか登園できなかった日もありました。

ですが、少しずつ強くなり、元気に登園できる日も増えてきました。

今のうちに免疫を獲得しまくってる!と前向きにとらえるしかありませんね。

まとめ

・保育所は生後57日から入園できる

0歳児、1歳児でも標準保育時間の保育をお願いできる

0歳児、1歳児を保育所に通わせるメリットとデメリットを把握しておこう

 

0歳児、1歳児の保育所での生活について、うちの子の場合を例にとり、ご紹介しました。

また保育所も施設により本当にいろいろです。

まずは、通う候補の保育所に電話をしてみて、見学をしてみるといいですよ。

実際に見て、先生と話して、「ここなら安心できる!」という園に申請してくださいね。

0歳、1歳の子たちでも、保育所では楽しそうに過ごしていますので決して「かわいそう」なんて思わなくても大丈夫です。

親と先生、双方からの愛情で、豊かな成長をみせてくれますよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事