納得!!2人目がよく寝るのには家族が増えたがゆえの理由があった

2人目がよく寝るとか手が掛からないなんて話しを聞いたことはありませんか?

それって本当なのでしょうか?

 

我が家はひとりっこなのですが、私の周りには2人以上のお子さんのママが結構います。

なので、実際のところどうなのかを聞いてみました。

すると、私が聞いたママすべての答えが「2人目もよく寝てたし3人目なんてさらに感じたよ」でした。

 

これには私もびっくりしてしまいまして…

「どうして2人目からはそんなに手が掛からないんだろう?」という疑問が浮かびました。

 

なので、さらにレポーターさながら聞いてみると、

そこには家族が増えたゆえのほっこりする思いやりを感じてしまったのです。

 

一体どうして2人目からは「よく寝る」「手が掛からない」と思います?

私が集めた情報を元にその理由を解明していきたいと思いますので、

興味がある方は是非最後までお読みくださいね。

 

ヒントは「パパもママも新人から卒業している」です。

 

【結論】
・2人目がよく寝る理由は2人目の本能とパパママの経験値
・1人目とは違うのは家族が増えたからこその環境にあった
・1人目より2人目。2人目より3人目がさらに育てやすいのは家族の心が大らかになることが多いから
【こんなママに読んでほしい!】
・そろそろ2人目を、と考えているママ
・2人目がよく寝る理由が知りたいママ
・1人でも大変なのに2人目なんて無理だと思っているママ
【この記事を読むメリット】
・子育ての経験には無駄がないことが分かる
・2人目の子供の特徴が分かる
・子供の人数が増えると負担が軽減するかもしれない理由が分かる
スポンサーリンク

2人目がよく寝るのって赤ちゃんの本能?

初めての子供ってパパやママにとってすべてが初めてで、

何をやるにもスムーズになんてできませんよね。

 

どうして泣いているのかも分からなければ、どうして母乳やミルクを飲んでくれないのか、

そして、どうして眠りが浅いのか…などなど分からないことだらけ。

 

それでも必死に育児をするもんだから、時間はあっという間に過ぎていくし、

ヘトヘトだし…って感じませんでしたか?

 

ところが、2人目ときたら、よく寝るし、おとなしくしててくれるし、食欲だって旺盛(笑)

 

この違いって何だと思いますか?

 

2人以上を育ててきたママに聞くと、こんな興味深い答えが返ってきました。

「2人目がよく寝るのって赤ちゃんの本能なんじゃないかって思うのよね」

 

どういう意味なのかを聞くと、

「1人目って、泣けばすぐに誰かしらが手をかけてくれるでしょ?

でも2人目になると泣いててもすぐに対応できない時もある。上の子のことをやってたりね。

何度か泣いてみて反応を見て、『あぁ、泣いても来てもらえないんだ』

って悟るんじゃないかって思うのよ」と。

 

ほほ~。

赤ちゃんって本能で大人の反応を見て、悟りを開くのかぁ。

 

まぁ、本当に悟りを開いているかは別として、赤ちゃんに限らず、

相手の対応や反応がその後に影響するってことはあるので、あながち間違った解釈ではない気がしました。

2人目の子育てにはパパとママの経験値もアップしている

その他の理由としては、パパもママも1人目を少なくとも1年くらいは育ててきているわけですから、

育児の経験値だってアップしていることがいえます。

 

例えば、泣き方で何を求めているのかが分かったり、赤ちゃんが安心する抱っこの仕方が分かったり。

 

経験値がアップしたパパとママからは安心感が溢れているから、

2人目はその安心感が伝わり穏やかになるということもあるそうですよ。

 

確かに、私は1人しか育てていませんが、

それでも赤ちゃんの抱っこや表情なんかが何となく分かりますからね。

1人育てるだけでも経験値は十分上がるってことかもしれませんね。

スポンサーリンク

1人目と違う理由はもうひとつ!2人目を見る目が増えていること

2人目がよく寝るなど育てやすいのには、

1人目の時より赤ちゃんを見守る目が増えることも理由に考えられます。

 

1人目はお兄ちゃんやお姉ちゃんになったわけですから、2人目のお世話をしたがりませんか?

もちろんお世話の仕方なんてものは親のようにはいかないにしても、

「泣いてるよ」とか「起きたよ」などをパパやママに知らせてくれたりするんです。

 

1人目の時には四六時中赤ちゃんに集中していた生活だったのが、

もうひとり見守ってくれる家族がいることで、精神的にもかなり余裕ができるんです。

 

時には「〇〇ばっかりかまってて、ズルい!!」とやきもちだって焼くかもしれませんが、

基本的には妹や弟ができて、自分がちょっとお兄さんやお姉さんになれた感覚の方が嬉しいものみたいです。

 

育児において、お兄ちゃん目線、お姉ちゃん目線の見守りって心強い味方になってくれることが多いんです。

1人目より2人目!家族が増えるたび心が大らかに!!

パパやママの経験値がアップすると先ほども書きましたが、

経験値がアップするのと同時に心が大らかになっていくようです。

 

よく、2人目以降が泣いていても、その泣き方ですぐに泣きやむとか、

かまってほしい泣き方なんてのがすぐ分かると聞きますが、泣いていても親は意外と慌てません。

 

肝っ玉母ちゃんとまでは言いませんが、ちょっとやそっとのことでは動じない大らかさも

身についているからです。これは、子供が増えれば増えるほど比例して大きくなるらしいですよ。

 

そういえば、大家族の特集などをテレビで見ていてもパパやママは大らかですよね。

もちろん叱る時にはガッツリ叱りますし、褒める時には心から褒めているようにも感じます。

 

人は心が大らかな方が、どんなことでも正しい対応が思いつくのかもしれません。

正しい判断をしている時には、そんなにトラブルなんかに見舞われませんからね。

育児にもそれは言えることなのかもしれません。

 

パパとママの気持ちってダイレクトに子供に伝わるそうなので、

パパとママがどっしり構えていれば、自然と子供たちも安心でき、

愚図ることも泣くことも減っていくのかもしれません。

 

安心しているからこそよく寝るってことなんでしょうね。

まとめ

1.2人目がよく寝るのは「泣いてもこない」と本能で学ぶから

2.パパとママの経験値が上がることで子供の要求が分かるため子供は愚図る必要がすくなくなる

3.2人目を見守る目が1人目の時より増えるためパパやママの気持ちにも余裕が生まれるおかげで2人目は育てやすいと感じる

4.子供が増えることでパパとママは心が大らかになるので育児での「分からない」が少なくなり心のおおらかさは子供たちに伝わり安心感の中で育つ

 

専門家によると、2人目以降は泣いてもすぐに対応してもらえないということを

早い段階で理解するそうです。

まさに知人がいっていた“本能”で理解するんでしょうね。

 

そして、1人目で学んだ知識があるので、

トラブルでも1人目の時ほど慌てないことも2人目が育てやすい理由のひとつでしょう。

 

子供は親の心理状態を察知する能力があります。

親がイライラしていればそれが子供にも伝わってしまうということです。

反対に親が大らかだと子供の性格も穏やかになることが多いといわれています。

 

子供のために大らかな性格になれるよう意識するのは難しいこと。

大らかな性格ってやはり自然に身につくと思うんですよ。

身につくためには、心に余裕を持たせられる生活環境が必要になってきます。

 

育児中は、少なくともそういう生活環境を整えられるといいですよね。

ちなみに今回私が取材(?)させてもらったママたちは、皆さんとても大らかです。

子育てに寛大だし、自分の理想もしっかりと持っている人たちでした。

 

そして何より、やっぱり逞しく見えたのが共通した印象でした。

2人目を考えているママさんたちも「今でも大変なのに2人目なんて育てられないかも」とは思わず、

2人目が生まれることによって余裕のなかった心に

余裕が出てくるかもしれないと前向きに考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事