アイロンお名前シールの剥がし方を伝授!誰でも簡単にできます

春が近づくと、忙しくなるママも多いですよね。そうです、入園・入学・進級のシーズンだからです。

 

私が一番大変だったのは、小学校入学時の算数セットの名前書きでしたね。おはじきとか計算棒とか、九九カードも入っていますが、あれ全部に名前を書いてくださいって言われましたもの。

 

でも今は便利なものが売られていますよね。アイロン接着のお名前シールです。幼稚園のスモックや体操服、制服、給食袋などの布用品は、すべてこのアイロンお名前シールを活用させていただきました。

 

我が家の場合、子どもたちの歳が離れているので、制服などが被ることはありません。ですから、使えるものはありがたくおさがりとして使わせています。

 

そこでひとつ困った問題です。

 

アイロンシールが上手く剥がせない(泣)

 

いまのアイロンシールって、ネットで簡単に注文できて、サイズもいろいろあるし、洗濯にも強いんですよね。本当に便利で、入園入学には欠かせないアイテムなんです。

 

ところが「剥がれにくい=剥がしにくい」ということですから、シールを付け替えたい時に困るのです。

 

そこで、なかなかうまく剥がせないアイロンお名前シールの上手な剥がし方を紹介しますね。強引にはがそうとせず、ぜひ試してみてください。

【結論】
・熱を加えて接着したのなら、剥がすときも熱を加えよ
・シールに直接アイロンをあてるのではなく、布の上から熱を加えよう
・残った接着のり跡はペタペタと地道に剥がそう
【こんなママに読んでほしい】
・上の子のお名前シールを剥がして、下の子の名前に付け替えたい
・強引に剥がしたらシール跡がべったり残ってしまった
【この記事を読むメリット】
・おさがりでもお名前シールをきれいに貼りかえれば下の子は喜ぶ
・剥がし方を覚えれば、アイロンシールをどんどん活用できる
スポンサーリンク

アイロンお名前シールを剥がすときは、もういちど温めるのがコツ

我が家は子どもの性別が同じなので、上の子のモノを下の子によく使わせています。

当然、幼稚園の体操服やスモックも使えるものはおさがりとして利用しているのですが、名前だけは書き換えないといけないですよね。

 

マジックで塗りつぶすのも仕上がりが汚くてかわいそうですし、下の子の名前でお名前シールを作ってあるので、なんとかうまく貼り換えたいと思うのが本音です。

 

何度も洗濯をしているので、四隅が少しだけ剥がれかけていたので、このまま剥がせるかな~と思って強引にベリッ!!

 

見事に白い剥がし跡が残ってしまいました。

 

たぶんこういう経験をしたのは私だけではないですよね?

 

子どもがイスや机に貼ってしまったシールを剥がすときも、強引に剥がすのではなくてドライヤーで暖めながらゆっくり剥がすとうまくいきます。

 

アイロンシールも同じなんですよね。温めて接着部分を溶かしてからゆっくり剥がすのがコツなんです。焦ってはいけません。白くシール部分が残ってしまうと、本当にきれいには剥がせなくなる可能性が高くなります。

 

時間があるときに、アイロンを準備してゆっくり剥がしていきましょうね。

【重要】必要な下準備とは?

アイロンお名前シールを剥がすときは、アイロンで温めてから剥がすのね、ということで、さっそくお名前シールにアイロンをあてようとしたあなた、ちょっと待ってください!

 

アイロンシールにそのまま熱を加えてしまうと、お名前シールをより強固に接着させるだけになってしまいます。また、ちょっと温めては少し剥がし、また温めては少し剥がし、という作業もきれいに剥がせない原因になります。

 

まずは下準備が大切です。最初のポイントは、お名前シールを貼った体操服などの布製品をきれいに洗濯し完全に乾かしておくことです。

 

例えば、汚れが残ったままでアイロンお名前シールを剥がす作業を始めてしまうと、本来洗濯で落とせるはずの汚れが落とせなくなることもあります。お名前シールが濡れているとアイロンの熱がしっかりと伝わらないので、洗濯後はしっかりと乾かしておきましょう。

次に用意するものです。

 

  • 綿100%の白い布(捨てるTシャツでOK
  • アイロン

 

白い布は綿100%でなくても構わないのですが、アイロン不可と洗濯ネームに記載されている布はNGです。色柄ものの布でも大丈夫ですが、色移りなどのことを考えると白い布の方が安心ですよ。

 

ちょっと面倒かもしれませんが、家にあるモノを使ってきれいにお名前シールを剥がすことができる大切なポイントになるので、面倒くさがらずに下準備してください。

スポンサーリンク

剥がすときは一気にいくのがコツ

剥がすときって、やっぱりきれいにはがれているのか心配なので、ちょっとずつ進めたくなっちゃいますよね。でもダメなんです。

 

ゆっくり何度も温めるというのは、接着のりの状態にムラが出来てしまうため、全体的にきれいに剥がすことが難しくなるのですよね。私も初めは小心者だったので、何枚も失敗しましたよ。

 

ドキドキする気持ちはよくわかりますが、作業は一気に進めましょう!

1.アイロンを温めます
2.白い布をお名前シールの上にのせて、アイロンをあてます
3.焦げ目がつかないギリギリのタイミングまでじっくりと熱を加えます
4.しっかりと熱が伝わったら…、一気にお名前シールを剥がします

 

注意点としては、通常のアイロンがけよりもじっくり熱を与えるため、火傷には気を付けてくださいね。

 

作業工程は難しいものではないですよね?一番難しいのは、一気に剥がすときの気持ちのコントロールじゃないかなと思います(笑)。

 

初めのうちは感覚がわからないので、失敗してもいいアイテムで練習するといいですよ。

もしちょっとだけ接着のりが残ってしまったときは、先ほど使った白い布を使います。白い布の上からアイロンの熱で接着のりを溶かし、のりを付着させるのです。

 

我が家にはコロコロ(粘着テープ)がないので、洋服にゴミや糸くずがついてしまったときはガムテープでペタペタ取り除くのですが、そんな感じですかね。

 

アイロンを使ってもとれない接着のりは、消毒用エタノールを使って取り除く方法もあります。ただしアイロンの熱も消毒用エタノールも、何度も繰り返すことで生地を傷めてしまいます。きれいに剥がせたとしても、生地がダメージを受けてしまっては長く使うことはできませんよね。

 

少しの接着のり跡であれば、洗濯することで徐々に取れていきますから、あまり一度にきれいにしなくちゃと意気込み過ぎないのも大切ですよ。

 

それでも「下の子のために何としてでもきれいにしたいの!」と張り切っているあなた、その気持ちわかりますよ。

 

そんな時は、今までのものよりもちょっと大きめサイズのお名前シールを用意して、剥がした跡が見えなくなるように貼りかえるのがおすすめです。

 

モノを大切にするママの親心、子どもに届くといいですね。

アイロンお名前シールの剥がし方【まとめ】

  1. アイロンお名前シールを剥がすときは、もう一度温めるのがコツ
  2. 直接アイロンをあてるのではなく、白いあて布を使おう
  3. じっくり温めたら、一気に剥がす!

 

入園就学シーズンになると、通園通学グッズに記名をしなくてはなりません。そこで大活躍するのがアイロンお名前シールです。

 

そんなグッズのなかには、おさがりで下の子に使わせたいというアイテムもありますよね。そこで出てくるのが、アイロンシールが剥がせない!という問題です。

でも安心してください。あて布をあててじっくり熱を与えたら、一気に剥がしましょう。このとき火傷には十分気をつけてくださいね。

 

もし接着のりが残ってしまったら、あて布をあてて再度アイロンで熱を与えます。あて布にのりを移していくようにペタペタ剥がしていきましょう。また少し残ってしまったくらいなら、何度か洗濯をしていくうちに取れていきますよ。

 

おさがりとしてモノを大切に使う対応と、ママの温かい親心が子どもに伝わるといいですね。入園入学シーズンの忙しさ、ちょっとでも軽減できるよう試してみてくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事