実母と子育て方法で喧嘩になるのはなぜ!?原因と対処法とは?

実母は子育てをする上で強い味方!

里帰り出産や、実家が近くて助けてもらっているというママも多いと思います。

 

でも、産後に実母と子育てについて喧嘩という話、よく聞きますよね!?

義母に対してはグッと我慢しますが、実母ゆえにお互い言いたいことを言える仲だからこそ、喧嘩になってしまうということもあります。

 

2人の子供を育てる私も、産後から幼稚園入園までの頃は、よく母に対してイライラしたり、喧嘩もしたりしました。

 

2人の子供が小学生となった今は、母も育児に関して口出しすることも減り、私も母に対する気持ちや心構えが変化してきて、喧嘩をすることもなくなりました。

 

そんな私の経験から、実母と子育てで喧嘩になる原因、それに対する対処法や心得をお話ししたいと思います。

≪結論≫
産後のホルモンのせいで、いつもよりイライラする
お互い初めてのことで頑張りすぎている
程よい距離感が大切
≪こんなママに読んでほしい!≫
実母と子育て方法で喧嘩が多いけれど、私だけ?と悩んでいる
実母が育児に口出しをしてきて、イライラする
≪この記事を読むメリット≫
実母に対するイライラの原因が分かる
実母に対する心構えや、対処法が分かって心穏やかに育児ができる
スポンサーリンク

産後に分泌されるホルモンが攻撃性を高めている 

産後、オキシトシンというホルモンが分泌されます。

このオキシトシンは、愛情ホルモンと言われていて、子育てには欠かせないホルモンです。

その反面、他の者への攻撃性を高める作用があるそうです。

我が子を守るための本能なのかもしれないですね。

このオキシトシンのせいで、イライラが止まらなくなってしまうのです。

 

私も実際、里帰り出産中に実母と喧嘩が多く、常にイライラしていました。

母は一生懸命やってくれているのも分かっているし、助けてもらっているのに、とにかくイライラする。

母のやること、言うことにいちいち腹が立って仕方ない。

自分でもなんでこんなにイライラするのか分からないけれど、止められない!

という状態でした。

 

後になってオキシトシンの作用を知って、なるほど!と思ったのでした。

ちなみに、このイライラは夫に対してもひどかったです(笑)。

 

このオキシトシンの作用を知り、「仕方ないんだ!」「正常な作用なんだ!」と受け入れてしまうと少し楽になりますよ。

「オキシトシンのせいで…」と話してしまうのもいいですね!

ママもおばあちゃんも初めての経験である

私が特に実母と喧嘩が多かったのは、一人目の里帰り出産の時でした。

今になって思えば、私は初めての子育てで一生懸命、母も初めての孫で張り切っていたのが原因だったなと思います。

 

私は出産前から育児本を読み、今どきの子育てとはこれ!と譲らない。

それに加え、慣れない育児への不安、寝不足、オキシトシン…イライラマックス!

母は自分が子供を3人育てた経験があるから、それを伝えたい!

今どきの子育てと言われても、ピンとこない。

それは衝突しますよね。

 

一番意見がぶつかったのは、母乳のこと。

母は子供3人をミルクで育てたので、意見は合いませんでした。

私はどうしても母乳で育てたくて、教科書通り、寝不足だろうが何だろうが頻回授乳をしていました。

そんな私に母は、「夜はミルクをあげるから、ちゃんと寝たら?」と言ってくれたのですが、そんなこと受け入れられるはずがありません。

今思えば、母の優しさだったと思えるのですが、当時は「自分がミルクで育てたからって!」と裏をかいて怒っていました。

赤ちゃんが泣けば、「お腹すいてるんじゃない?ミルクをあげたら?」と何かにつけてミルクミルクと言う母が本当に嫌でした。

 

あとは、勝手に白湯を飲ませようとしたり、おしゃぶりを買ってきたり。

母は、初めての孫がうれしくて仕方なかったんだろうなと思います。

今は、「別にいいんじゃない?」と思えることも、当時は目くじらを立てて怒っていましたね(笑)。

 

それらのことは、すべて下の子の時には許せていたので、やはり初めての育児で、私も頑張りすぎていたのです。

 

産後、余裕がないのは仕方ないですが、ちょっとだけ母の気持ちも考えてみると許せることがありますよ。

何十年も前の子育てと今の子育ての常識が違うのは当たり前。

その都度伝え、分かってもらうように努力する。

イライラするのは仕方ないけれど、心のどこかで感謝の気持ちを忘れない。

これだけで実母との喧嘩は減りますよ。

スポンサーリンク

程よく距離を置くことで喧嘩は減る 

母乳についてや、今どきの育児については根気よく伝え、ずいぶん理解してくれるようになった母ですが、その後もはやり衝突はありました。

 

子供の性格やしつけについてなど色々言われました。

貴重な意見ではありますが、自分なりに頑張っているのにダメ出しされると、やはりカチンと来ますよね。

 

しょっちゅう電話をかけてきて、子供の様子を聞かれるも嫌でした。

 

そこで、電話はかかってきても出ないで、後でメールで「出られなくてごめん!何か用だった?」と聞くようにして、電話で話す回数を減らしました。

 

それから、良く母が我が家に遊びに来たり、私も実家に遊びに行ったりしていましたが、上の子が幼稚園に入ってからはグッと会う機会が減りました。

もちろん長期休みや行事など、年に何度か会うし、疎遠になってしまった訳ではないです。

程よい距離感が私にとってはちょうどよく、喧嘩することはなくなっていました。

 

友達で、「里帰り出産をしたら絶対に母と喧嘩になるから」と言って、親に頼らず、夫婦で産前産後を乗り切った人がいます。

そんな選択もアリですね。

また、親と同居すると、喧嘩が絶えないという話も聞いたことがあります。

親子だからこそ遠慮がなく、喧嘩になってしまうということがあるので、程よい距離感は大切ですね!

 

残念ながら、どうしても実母と合わない、歩み寄る努力をしたけれどダメ…という場合もありますね。

その場合も距離を置くのが一番です。

実母と子育て方法で喧嘩になる原因と対処法【まとめ】

  1. 産後に分泌されるホルモン「オキシトシン」のせいでイライラするのだと受け入れてしまう!
  2. ママもおばあちゃんも頑張っている!余裕がない中でも、ちょっとだけお互いを思いやる気持ちが大切。
  3. 親子だからこそ、距離が近いと喧嘩になる!お互いにとって程よい距離感で接しましょう。

 

「親しき仲にも礼儀あり」という言葉がありますが、親子にも当てはまりますね。

 

実母はいざという時に本当に心強いです。

それに、親もいつまでも元気ではないんだよな、と最近思います。

一時的に喧嘩があったとしても、良好な親子関係を保てるといいですね!

スポンサーリンク
おすすめの記事