子供の日焼け止め、アトピーの子はどんなものを使えばいいの!?

紫外線が強くなる夏本番。

子供にはしっかり日焼け対策をしてあげたい。

 

でも、アトピーの子の場合は

どんな日焼け止めを使ったらいいのか、

そもそもアトピーで炎症を起こしている肌に

日焼け止めを塗って良いものか、悩みますよね。

 

私の子供もアトピーです。

特に夏にひどくなります。

 

アトピーで炎症を起こしている首すじに

日焼け止めを塗るのは何となく気が引けて、

でもこの状態で日焼け対策を何もしないで

炎天下の元で遊ぶのは絶対に良くないだろう、、と思いながらも、

なんとなく日焼け止めを避けてしまっていました。

 

結果、やはりアトピーはさらに悪化。

そしてかかりつけの皮膚科の先生に相談したのです。

 

そして結論から言うと、

アトピーの肌にも日焼け止めは塗っても大丈夫だそうです!

 

紫外線は刺激物質となるのでアトピー肌の大敵!

炎症しているところが紫外線に当たると、

余計に炎症したり、黒くなってしまったりするとのことでした。

 

日焼け対策をしないと紫外線によってかゆみが強くなったり、

日焼けを強く受けてしまったり、

真っ赤にはれ上がってしまうこともあるので、

しっかりと日焼け止めを塗ってあげたほうが良いようです。

 

よくステロイドを塗って

日に当たると黒くなると言われますが、

そうではなく、炎症しているところに日が当たると黒くガサガサの肌になってしまうそうです。

 

だからアトピー肌には紫外線対策は必須!!

ただ、どんな日焼け止めでも大丈夫というわけではないそうです。

アトピーの子にはどんな日焼け止めを使ったらよいのか、ご紹介します!

スポンサーリンク

低刺激性と書いてあるものを選ぶ

日焼け止めは病院で処方してもらえないので、自分で市販のものを選ぶ必要があります。

 

ドラッグストアには日焼け止めがたくさん売っていて、迷ってしまいますよね。

 

まずは、低刺激性と書いてあるものや敏感肌用のものを探してください。

 

アトピーの肌はバリア機能も低下しているので、外からの刺激を非常に受けやすいです。

 

日焼け止めも刺激になってアトピーが悪化しないように、低刺激性と書いてあるものを選びましょう。

 

また、SPFが高いほうが紫外線をブロックするパワーが強いですが、紫外線吸収剤が入っていることが多いです。

 

紫外線吸収剤は紫外線を吸収して化学反応を起こし、紫外線を熱エネルギーに変えて放出することで紫外線を防御しています。

 

その熱や化学反応などが刺激になる可能性があるそうです。

 

なので、アトピーの子供には紫外線吸収剤が入っていないものが良いです。

 

その代わりに紫外線を跳ね返すような紫外線散乱剤が入っているものは大丈夫です。

 

日本小児皮膚科学会では、防御指数は、日常生活ではSPF15~20、PA++

海や山ではSPF20~40、PA++~+++

を目安に選びましょう、としているそうです。

 

ちなみに、SPFとPAとは、、

SPF:紫外線B波に対する防止効果で数字が高いほど炎症作用を遅らせる。

PA:紫外線A波に対する防止効果

のことです。

 

SPFはあまり高くなくても、紫外線吸収剤が入っていないものを2、3時間おきにこまめに塗ってあげるのがよさそうですね!

私も子供がアトピーということで、皮膚科の先生に聞いたり調べたりして紫外線吸収剤や紫外線散乱剤、SPFを知りましたが、自分はあまり気にせず使っていたので、使われている成分を知ることも大事だなと思ったのでした。

 

何も気にせず子供に使っていたら、、と思うとちょっとゾッとしましたよ。

 

無添加無香料のものを選ぶ

余計な添加物や香料を使っていない、肌にやさしい成分のものを使ってあげることも大切。

 

添加物や香料は肌への刺激となり、アトピーが悪化することがあります。

ノンケミカルと書いてあるものは安心ですね。

 

アトピーでなくても、子供に使うものは無添加無香料が安心ですね!

 

スポンサーリンク

落としやすいものを選ぶ

大体子供用の日焼け止めは石鹸で落ちるものがほとんどだと思いますが、そういった普段の石鹸で簡単に落とせる日焼け止めを選びましょう。

 

ごしごし洗わないと落ちないような日焼け止めだと、刺激になるし、肌の保湿成分を奪ってしまうことになります。

 

アトピーの肌は、ただでさえ保湿力が乏しいのです!

保湿成分を奪ってしまうと、肌がカサカサになって洋服の繊維が刺激になったりして痒みが増し、アトピーが悪化してしまったりするのです。

 

うちの子も普段ほとんど石鹸を使わないか、使うとしても低刺激性のものか、、なので大人が使っているようなボディソープを使うとすぐにカサカサになってしまって、それが刺激になってさらに痒がったりします。

子供の日焼け止め、アトピーの子のための選び方まとめ

  1. 低刺激性のものを選ぶ
  2. 無添加無香料でさらに安心!
  3. 石鹸で簡単に落ちるものを

 

とにかくアトピーの肌には刺激を与えないことが一番!

私もアトピーの子供のためにいろいろと試しました。

中にはアトピーがちょっと悪化してしまうものもありました。

ぜひ合う日焼け止めを見つけてあげて、紫外線を気にせずお散歩を楽しんでくださいね!

 

塗り薬で治療中の場合は、薬を塗ってから日焼け止めを塗るのが正解だそうです。

 

また保湿剤などを使用している場合、保湿剤だけだと保湿剤がサンオイルのような役割を果たしてしまい、余計に紫外線を吸収してしまうようです。

 

皮膚科に通院している場合は、まずは皮膚科の先生に相談して、先生の指導に従うことが前提ですね。

 

そしてどうしても合う日焼け止めがない場合は、UVカット機能のある帽子や、上着を着せてあげ、できるだけ紫外線から肌を守ってあげてください!

スポンサーリンク
おすすめの記事