寝返りマットレス 赤ちゃんにおすすめなのはこれ!〇〇な布団はNGですよ

産まれたばかりの赤ちゃんは、1日の大半を寝て過ごしますよね。でもやがて、寝返りができるようになって、おとなしく寝なくなってきます。とにかく赤ちゃんは寝返りができるようになると、あっちへゴロゴロこっちへゴロゴロと動くことが楽しくなってくるんです。

 

「ベビー布団だとすぐにはみ出しちゃうな…」「気付くと布団じゃないところで寝てる」なんてお子さんを見てため息をついたことってありませんか?

 

そんなため息の回数を減らしてくれるかもしれないのが、寝返りマットレスなんです。今回はキルトパット付のものなので、届いたらすぐに使えるのも嬉しいですよね。

 

どうしてこの寝返りマットレスをオススメするのかというと…

それはこれからご紹介するおすすめポイントを参考にしてみてくださいね♪

キルトパット付寝返りマットレスは大きさと厚みがおすすめ

一般的なベビー布団は70cm×120cmなのですが、この寝返りマットレスは120cm×120cmの正方形。赤ちゃんが寝返りできるようになってから大活躍するマットレスなんです。

 

プレイマットとしても使えますが、購入者のほとんどが布団として使っている商品で、おすすめポイントはこんな感じです。

・厚さは6.5cmと厚めで程よい硬さなのでうつ伏せになっても窒息しにくい

・正方形だからどっちを向いても寝返りできる

・選べるキルトパット付きだから汚れたらパットだけ洗える

 

と、布団としての機能は十分すぎるくらいあるんです。

 

私の子供が赤ちゃんだった頃、最初は長座布団サイズで十分だったのが、あっという間に寝返りできるようになり、ベビー布団を購入するも1回転すれば布団からはみ出てしまう始末…

 

結局、早々に大人と同じ布団を購入してしまったという過去があります。でも昼間、リビングで寝かせる際に大人用の布団を敷くわけにも行かず、ベビー布団を敷いて、寝返りで布団から脱走するたびに起こさないように布団に戻す作業をしていました。

 

これがかなりの手間だったんですよね。あの当時、このマットレスがあったらどれだけラクだったか…

 

布団としての機能も十分なのに正方形って斬新じゃないですか?

赤ちゃんって一方向にだけ寝返りするのではなく、足を器用に使ってくるくる回りません?そんな寝返りにも対応できるのがこのキルトパット付寝返りマットレスなんです!!

キルトパット付寝返りマットレスのデメリットや悪いクチコミは?

私はこのマットレスを見つけた時「なんて素晴らしい発想から生まれた商品なんだろう」と感動しましたが、購入した人の中には不満に感じることがある人もいるようなので、ご紹介しますね。

・マットレスは大きさも厚さもちょうどいいがカバーから繊維が出てくるのが気になる

・規格の大きさではないのでカバーはこのマットレス専用のものを買わなくてはいけないが洗い替え用に購入するには値段がちょっと高い気がする

・マットレスは使用しない時に自立しないので二つ折りにした時に広がらないような留め具などがついていたらもっと良かった

 

あまり悪い評価はないのですが、カバーから繊維が出てくると書かれていた人は何人かいましたが、その中で「何度か洗ったら出てこなくなった」と対処法を書いてくださっていたレビューがありました。

 

届いてすぐに使えると先ほど書きましたが、もしかしたら最初は早めに洗うか、使用前に洗ってからの方がいいのかもしれませんね。

 

規格の大きさではないのでカバーは専用カバーを購入しなくてはいけないという件については他の人が「シングル用のフラットシーツを利用した」と書かれていましたので参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

使用していない時の片付け方法について書かれていた人もいましたね。二つ折りにはできるのに立てかけておくことができないようですね。我が家は折って固定されない布団に関してはキャリーバッグなどを留めるベルトを使っていましたよ。

 

折った大きさにベルトをあらかじめ合わせておくとたたんだ時にすぐカチャっと止められて便利なので、参考にしていただけると幸いです。

キルトパット付寝返りマットレスのメリットや良いクチコミは?

では、良いクチコミはどうでしょう。

・上の子が生まれた時から使用していて今回3度目の購入で助かっている。寝心地もサイズもちょうどいい・子供の寝かしつけの際、大人も一緒に寝られる大きさなので購入して良かった

・遊びに来る孫のために購入したが厚みもあり程よいクッション性もあり硬さもちょうどいい

・下の子に購入したが大きめなので上の子も一緒にお昼寝しても十分の大きさ

・長時間寝ても気持ちよさそうにしっかり寝てくれるので寝心地はいいんだと思う

他にも使いやすいと書かれていた人はたくさんいました。多かった感想は、「程よい硬さ」でした。

 

赤ちゃんの場合、まだ骨が柔らかいので布団は柔らかいものだと骨の変形の可能性が出てくるそうなので、程よい硬さというのは赤ちゃんにとって理想的な硬さなのかもしれませんね。

 

長時間気持ちよさそうに寝てくれるとのレビューから、赤ちゃんが辛くない硬さなのが分かりますよね。

6歳までの寝具図鑑 こどものふとんの評判は?

ではこのキルトパット付寝返りマットレスを扱っているショップの評判はどうでしょう。

 

総合評価は、4.60と高評価です。件数は200件以上の人たちが評価。

評価内訳では、スタッフの応対が4.73と内訳の中で一番高い数値でした。

 

購入者がスタッフの応対について、

「ギフト用として購入したらラッピング仕上がりの写真を確認させてくれて安心して贈ってもらえた」

「欲しかったものが売り切れていた際直接電話をくれて代替え品の提案などもしてくれたのは嬉しかった」

「購入前の質問にも丁寧に答えてくれた」

 

など感謝のレビューが多く見られました。

まとめ

赤ちゃんの頃の成長はとても早いものです。このキルトパット付寝返りマットレスなら120cmの正方形なので、少しくらい大きく動いても布団からはみ出る心配は少なそうですよね。

 

商品ページを見ていると、説明もとても丁寧です。

例えば、中綿の仕様が変わったという説明があったのですが、現在の中綿の特徴なども詳しく書かれていました。

 

さらに織キズが入る場合があるなどの説明も写真付きで丁寧に書かれていたのは個人的には好感が持てました。

 

コットンやリネンなどのような天然繊維の特徴で織ってる途中で太さが一定にならないための織キズなのですが、この説明があるおかげで「天然繊維を間違いなく使っているんだなぁ」と分かりますからね。

 

キルトパットは8種類の中からお好きな柄を選べるようですよ。

価格は少し高いと感じる人もいるようですが、使ってみるとその価格に納得する人も多いようです。

 

大きな商品ですが、送料は無料なのはありがたいと思います。

 

布団として使わなくなったら、プレイマットとしても活躍できそうなので、長く使えるマットレスではないかと思います(使っているうちに厚みは少しずつなくなっていくようなので、プレイマットとして使う時期には厚すぎずちょうどよくなるのかもしれません)。

おすすめの記事