男の子の五月人形は誰が買うとトラブルを避けられるのか?

5月5日はこどもの日ですが、男の子の成長をお祝いする端午の節句でもありますよね。

 

3月3日の桃の節句にお雛様を飾るのと同様、端午の節句には五月人形や鯉のぼりを飾ります。ではこの五月人形、いったい誰に贈られるのがいいのでしょうか。

 

けっこう値段が張るものですから、おじいちゃん・おばあちゃんにプレゼントしてもらう家庭も多いですが、あとで揉め事の原因になるのだけは避けたいですよね。

 

そこで五月人形は誰が買うのが一般的なのかについて、最近の事情なども交えながらお話していきます。

 

我が家での経験も参考にしてみてくださいね。

【結論】
・古くは母方や父方の実家が準備していたが、最近ではあまり気にしない
・五月人形と鯉のぼりを別々に準備してもらうのもアリ
・お祝い金として現金で受け取ると好きなものを選べる
【こんなママに読んでほしい】
・待望の男の子が生まれた!五月人形は誰に買ってもらうのがいいのか知りたい
・パパとママの両家が揉めない五月人形の選び方を教えてほしい
【この記事を読むメリット】
・五月人形の由来と歴史、込められた願いを知ることができる
・両家が揉めないようにうまく立ち回ることができればママの株が上がる!
スポンサーリンク

五月人形の購入は両家で話し合い良好な関係を築くと吉

男の子が生まれて初めての55日が近づくと、五月人形の話題が家族の間でのぼることもありますよね。初孫だったり待望の男の子だったりすると、両家から五月人形を用意させてほしいと言われることもあります。

 

そこで疑問に思うのが、五月人形って誰に買ってもらうのがいいのかしら?ということです。

 

出産祝いなどはパパとママの両方の実家からもらっていても、五月人形はふたつはいりませんよね。そこで五月人形の贈り方の歴史などを知っておくと、あとで揉め事にならないように手を打つことができます。

 

端午の節句の歴史は長く、奈良時代にはすでに存在していたと言われています。

ただこの頃は、病気や災難を避けるための行事として宮中で行われていました。それが武士の時代になると、大切な後継ぎの成長を願う行事として広く庶民にも広まっていったのです。

 

肝心の「五月人形は誰が買うのか」という点については、実は時代や地域によっても差があると言われています。

・武家社会→嫁ぎ先で準備(大切な後継ぎの成長を願うため)
・江戸時代→父親の実家が準備(家を継ぐ男子の誕生を祝うため)
・関東(近代)→父親の実家が準備(江戸時代の名残)
・関西(近代)→母親の実家が準備(娘の嫁ぎ先に孫の顔を見に行く口実)

 

このように、五月人形は後継ぎである男の子の誕生を祝い準備するものですが、時代と共に準備する人(家)は変わっているのです。

 

さらに現在では、後継ぎという考え方も古いものとなりつつあります。加えて孫の顔が見たければ、交通機関を使えばいつでも見に行ける時代です。

 

誰が五月人形を贈るのかという問題よりも、大切な孫の誕生をみんなで祝うという考え方が大切という人も増えてきました。

 

マンションなどで大きな五月人形は貰っても、困ってしまうという話も聞きます。孫の誕生は、パパとママの両方の実家のお祝い事です。どちらが贈るのかではなく両家で話し合って決めるのが、お互いに良い関係を築くポイントではないでしょうか。

両家に端午の節句を祝ってもらう方法

五月人形って口にしますが、どんなモノを想像しますか?たぶん鎧(よろい)や兜(かぶと)を想像する人が多いのではないでしょうか。

 

でも端午の節句って、お祝いのアイテムいっぱいあるんですよね。

・鎧飾り
・兜飾り
・武者人形
・鯉のぼり
・名前旗

 

豪華なひな人形と比べると、ちょっと地味に感じる男の子の五月人形ですが、並べてみると結構いろいろなアイテムがあるとわかります。でも片方の実家でこれら全部を準備してもらうのは、金銭的に結構負担が大きいものです。

 

そこで両家で話し合ったり、ママとパパからリクエストしたりして、両方の実家でお祝いしてもらうのがおすすめです。

 

我が家は、兜飾りと名前旗を私の方の実家で準備してもらい、鯉のぼりはパパの実家にお願いしました。

 

まず私の両親と一緒に人形店に兜飾りを見に行って、気に入ったものを選びました。名前旗は当初予定していなかったのですが、私の父が気にいったモノを見つけてしまい急きょ追加。

 

後日、鯉のぼりも欲しいよねということで、主人の両親と同じお店に赴いて購入。

毎年55日が近づくと、両家からの贈り物がわが家の子どもをお祝いしてくれます。パパの実家は特に初孫だったので、お祝いさせてあげられたことはよかったと感じていますよ。(ちょっと上から目線になってしまいますが本音です

スポンサーリンク

お祝い金を頂いてパパとママで購入

もちろん人形店にパパとママの両親を連れて行って、一緒に五月人形を選ぶのは親孝行です。でも遠方に住んでいるからなかなか会えない、マンション住まいで部屋が狭いから豪華な五月人形はちょっと困るという場合もありますよね。

 

そんなときはお祝い金を双方に出してもらって、それを元手にパパとママで買いに行くという方法もアリですよ。

 

人形店に行くと、本当にたくさんの数の五月人形が置いてあります。大きさや形もいろいろなので目移りしてしまうほどです。

 

ただ自宅に飾るスペースには限りがありますよね。お店に行く前はスペースのことも考えて小さな五月人形を選ぶつもりでも、たくさん見ているうちにだんだんと気が大きくなって気が付いたら豪華な五月人形を買っていたという話はよく聞きます。

 

我が家でも母と父が興奮してしまって、結果としてなかなか大きな兜飾りになってしまいました(笑)。「途中で買い替えることはできないんだから・・・」と言われると弱いですね。

 

おじいちゃん・おばあちゃんの立場からすれば、大切な孫のためにはちょっと奮発してあげたいと願うのが当然です。その気持ちをお店で無碍に断ることもできません。

 

けれども冷静になって考えてみると、スペースを広げられないのはわかっています。そしてコンパクトで本当に気に入ったもののほうが、子どもが大きく育った後でも気軽に飾る機会があるのですよね。

 

今の世の中は店頭だけでなく、ネット通販でも五月人形が購入できます。両家に欲しい五月人形のイメージなどをきちんと説明して、お祝い金として現金で購入資金を受け取るのもひとつの方法ですよ。

 

五月人形の問題を、ママであるあなた一人が抱え込むことはないんです。パパも巻き込んで、あとあと揉め事にならないように解決できるといいですね。

男の子の五月人形は誰が買うとトラブルを避けられるのか?【まとめ】

  1. 五月人形は時代や地域によって、母親の実家が準備する場合と父親の実家が準備する場合がある
  2. パパとママの両方の実家で、アイテム別に準備してもらうと両家が喜ぶ
  3. お祝い金を受け取り、パパとママだけで買いに行くと好きなものが購入できる

 

男の子が生まれると準備する五月人形ですが、ママとパパのどちらの実家に買ってもらうのがいいのか悩みますよね。

 

実は地域や時代によっても違いがあるようで、両方の実家とあとあと揉め事にならないよう気を使うのが大変だという声も聞かれます。

 

そこで、五月人形をママの実家に買ってもらい、鯉のぼりをパパの実家に買ってもらうなどアイテム別にお願いすると、両方からお祝いしてもらえてみんなが笑顔になりますよ。

 

また、おじいちゃん・おばあちゃんと一緒に人形店に行くと、いつの間にか豪華なものを買っていた!なんてことも起こります。住宅事情などもありますから、お祝い金を両家から受け取り、パパとママだけで選んで購入するというのもアリですよ。

 

子供の健やかな成長を願う五月人形ですから、できればいつまでも飾っておける素敵なものを選べるといいですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事