離乳食に使える100均おすすめグッズ10選!手抜いて行きましょう

「もうすぐ離乳食が始まるけど、何から準備しよう?

生後5か月ごろになってくると、そろそろ離乳食を始める赤ちゃんも多いと思います。

始めるにはまず、準備から・・・でもちょっと待って。

離乳食グッズは実は高いものから安いものまで、いろんなものがあるのです。

全部ブランド物で揃えたら家計が傾きかけません。

そこで使えるのが100均グッズなのです!

私も、離乳食グッズはほとんど100均で揃えました。

先輩ママは、いったい離乳食グッズでどのように100均を取り入れたのでしょうか。

「本当に使った(今も使っている)!」という商品をズバリ紹介しちゃいます。

スポンサーリンク

ByeByeおっぱい<ダイソー>

こちら、「蓋つき」の製氷皿です。

この「蓋つき」というのがおすすめポイントです。

離乳食初期では、出汁や10倍粥等の水分量の多いものを冷凍ストックしておくことで、手間がかなり省けます。

その際、ゆるゆるの液体を製氷皿に入れ、冷凍室に入れるときにこの蓋が重宝します。

誤って傾けてしまっても、蓋なしよりかはかなり被害は少なく済みます。

幼児食になってからも、野菜不足解消のために野菜出汁ストックをつくって、こっそり料理に混ぜたりしています。

おかゆカップ<ダイソー>

このおかゆカップ、サイドに「10倍」「5倍」「7倍」と目盛りが入っており、その通りに水をいれるだけで10倍・5倍・7倍粥が作れます。

そのまま炊飯器にセットして、大人のご飯と一緒に炊飯することができます。

その時に付属の容器に野菜をカットして上に重ねると、温野菜も一緒に作れちゃいます!

これだけで、離乳食は完成ですので、本当に楽です。

炊飯器を使わない日でも、電子レンジでおかゆがつくれるので、それもお手軽です。

また軽くすり潰せるようにもなっているので、食べる直前にササッと滑らかにでき、それも便利でした。

スポンサーリンク

離乳食プレート<セリア>

セリアのこの離乳食プレートは、重ねて収納・持ち運びができ、コンパクトにできるというのが最大のおすすめポイントです。

しかも、重ねられるだけではなく主食・主菜・副菜と分けて入れられるので、離乳食初期~後期まで広く使えます。

幼児になった今では、外でバーベキュー等のごはんのときに使用しています。

小さいキッチンばさみ<全店>

先輩ママたちの声では「麺カッター」という声が多かったのですが、私は切るものはこう叫びたいのです。

「切るものは麺だけじゃないんだ!

そう、外食すれば、麺だけでなくおかずも切り分けてあげたいですよね。

唐揚げやポテトなど、切り分けるのには断然キッチンばさみがおすすめです。

ただし、カバー付きかつコンパクトなものを選びましょう。

私は、おでかけのときには必ず持ち歩くアイテムになっています。

ハンドル野菜カッター<ダイソー300円商品>

こちらは、つい先日100均めぐりをしていて見つけたものです。

300円商品なのですが、その機能が本当に便利過ぎます。

いわゆる、ひもを引っ張って野菜のみじん切りをしてくれるものです。

手動フードプロセッサーというと分かりやすいかもしれません。

固形物が食べられるようになってくると、やたらとみじん切りの機会が増えます。

わたしはみじん切りで時間を取られるのがすごく嫌いなので、すぐに購入し、すでに愛用しています。

ひもを引っ張り続けるだけで簡単に素早くみじん切りができるので、300円ですが本当におすすめです。

シリコンカップ<全店>

歯茎でものをつぶせるようになってくると、製氷皿でのストックでは離乳食は物足りなくなってきます。

マッシュポテトや、柔らかくした肉じゃが、お魚のすり身等は、シリコンカップの方が冷凍保存しやすく使い勝手がよいです。

シリコンは何回でも使えるので、100均でいくつか揃えるといいでしょう。

離乳食レトルトパウチスプーン<セリア>

離乳食をすべて手作りされるママは本当にすごいです。

ですが、レトルトのベビーフードだって立派な離乳食!

このレトルトパウチスプーンは、持ち手が長く、パウチの底の方までしっかりすくえるのが特徴です。

外出先で、パウチから直接あげたいときに重宝します。

そうでなくても、普通に離乳食を食べさせる時も取っ手が長いのであげやすいです。

うちでは3本用意し、家でも外出でも常に使っていましたよ。

コンパクト紙パックホルダー<セリア>

離乳食と同時に、飲み物の練習も少しずつ始めていくママも多いのではないでしょうか。

幼児用の紙パックのジュースやお茶で、ストローの練習をする機会も増えてきたころに、この紙パックホルダーは役に立ちます。

こどもは力加減がわからないので、紙パックジュースをギュっと握り、飲み物をこぼしがち。

そんなとき、この紙パックホルダーに入れて飲ませると被害は防げます。

取っ手もついているので、赤ちゃんも持ちやすそうに飲んでくれます。

ミニすり鉢&すりこぎセット<ダイソー>

離乳食の初期から、何かとすりおろす事が増えます。

そして、難儀なのがすべて少量なんですよね。

その時に使えるのが、このミニすり鉢とすりこぎのセットです。

離乳食にちょうどいいサイズで、しかもすりこぎとのセットでお得感もあります。

大人の煮物とかを取り分けるときにも、ササッと潰せてあげられるので、とても便利です。

ペーパーエプロン<キャンドゥ>

外でごはんを食べるとき、必要なのが子供用エプロンですよね。

ただし、こどものエプロンの汚し方って容赦ないですよね。

「持って帰るんかこれ・・・」

というレベルで汚してくるので、できればゴミと一緒に捨てて帰りたい!

そんな外出時に便利なのが、このペーパーエプロンです。

どこの100均にもあるアイテムですが、おすすめはキャンドゥです。

理由は、エプロンの柄!

他の100均のエプロンは、無地だったりよくわからない柄だったりするのですが、キャンドゥは一味違います。

大人でも「かわいい!」と声がでちゃう、おしゃれな雲の模様なんです!

楽しい外食を、さらにおしゃれに楽しくしてくれますよ。

離乳食に使える100均おすすめグッズ10選【まとめ】

① ByeByeおっぱい<ダイソー>

② おかゆカップ<ダイソー>

③ 離乳食プレート<セリア>

④ 小さいキッチンばさみ<全店>

⑤ ハンドル野菜カッター<ダイソー300円商品>

⑥ シリコンカップ<全店>

⑦ 離乳食レトルトパウチスプーン<セリア>

⑧ コンパクト紙パックホルダー<セリア>

⑨ ミニすり鉢&すりこぎセット<ダイソー>

⑩ ペーパーエプロン<キャンドゥ>

 

離乳食って、前期・中期・後期で作る内容もかなり変わってきますよね。

うちは、1歳まで本当に離乳食が進まず、ずっとペースト状のものしか食べませんでした。

それが1歳半すぎたくらいから、急に大人と同じものを食べるように。

なので、実際に使える道具も人それぞれだと思います。

子どもの離乳食の進み方を見て、少しずつアイテムを増やしてくといいかもですね。

 

高いキットを買うのもいいですが、100均で十分離乳食は乗り切れます。

その分、他のものお金をまわしたりするのもいいんじゃないでしょうか。

ぜひ参考にして、100均でパトロールしてみてください!

スポンサーリンク
おすすめの記事