男の子がハマる戦隊ものって何歳から?いつからならいいの?

小さい頃、一度はハマる男の子が多いテレビ番組といえば“戦隊もの”ではないでしょうか?

 

でも親としては「あまり暴力的なものは早いうちから見せたくない」って思いませんか?

戦隊ものといえば正義の味方と悪者が闘うシーンが目玉といっても過言ではない構成ですよね?

 

では、戦隊ものって何歳からなら見せてもいいのでしょうか?

結論からいうと、いつからでもいいんです。

 

戦隊ものを見る理由がお子さんにあるという状況になって、

お子さんが「観たい」といえば、全然見せても構わないと思います。

 

ただ、観る時にはちょっとした注意も必要なんです。

そこで今回は、そんな注意点や親の理想と子供の事情の違いなどもご紹介しますね。

 

日曜日。家族みんなでお休みという家庭も多いと思いますが、

たいてい朝は戦隊ものをみんなで見ているという家庭が多いのには理由があるんです。

そこにはお子さんへの配慮など家族のあたたかい気持ちも含まれているって私は思います。

【結論】
・戦隊ものを見せていい年齢は決まっていない
・戦隊ものを見る時の注意点に気をつければ親の心配も解決できる
・子供には子供の事情があることを考慮して家族で戦隊ものを楽しむ
【こんなママに読んでほしい!】
・戦隊ものは暴力的な行動やいじめに繋がりかねない内容が含まれているので見せたくないと思っているママ
・戦隊ものは何歳からなら見せてもいいものなのかを知りたいママ
・戦隊ものにハマって暴力的になったお子さんのママ
【この記事を読むメリット】
・戦隊ものの見かたや見せ方が分かる
・お子さんが戦隊ものにハマる理由が分かる
・否定的ではない戦隊ものの見かたができるようになる

 

スポンサーリンク

戦隊ものの対象年齢は決まってない?

戦隊もののおもちゃを見ると、対象年齢が3歳以上となっているものが多いので、

だいたい対象年齢はそれくらいなのかな?って思いますよね。

 

でもそのくらいの年齢のお子さんに闘うシーンや悪者が暴れていたり、

人が逃げ回っていたりするシーンを見せるのって抵抗がありませんか?

 

「こんなの見せたら子供も暴力的になるんじゃないか?」

「悪者の真似をして誰かをいじめてしまうんじゃないか?」

 

って心配になることと思います。

ただ、ヒーローが悪者をやっつけてくれるシーンだってありますよね。

 

「うちの子もあんなふうに誰かを守れる子になってほしい」

「仲間の大切さを知ってほしい」

 

そんな願いも抱かせてくれるような内容だってあるんです。

だからこそ、親としては「一体何歳から見せてもいいものなのか?」と悩むところだと思います。

 

私には男の子の子供がいないので、

知人で男の子をふたり育ててきた人がいたので、聞いてみました。すると…

 

「戦隊ものの対象年齢なんて決まってないんだよ」

 

という答えが。

大事なのは、それを見て子供がどう感じるか?なのだそうです。

 

闘うシーンで子供が怖がったり、もう見ないといえば見せなければいいし、

ヒーローがかっこよく振舞っているのを見て、

一緒になって悪者をやっつけようと真似をしたり、

仲間同士が協力し合っている姿を見てニコニコしていたりすれば見せてていいのでは?

 

という考え方でした。私はそれを聞いて「なるほど!」と思いました。

お子さんによって、どこを集中して観るのかが違うんだって思ったんです。

闘っているシーンを怖がるお子さんもいれば、

同じシーンでも目を輝かせてみるお子さんもいますよね。

 

おもちゃの対象年齢である3歳でも興味がない子はまったく興味がなく、

それより前の年齢でも真剣に観る子は観るんです。

 

つまり、戦隊ものを観る対象年齢というものは正確には決まっていないんです。

戦隊ものを観るならここだけは気をつけよう

では、例えばお子さんが戦隊ものの番組にハマったとします。

親としては、それを観ている時だけはおとなしくいい子でいてくれるから、

その間に家事とかやらなくちゃいけないことができると思っちゃいませんか?

 

そこが要注意なんです!!

 

実は、お子さんは番組に集中していればしているほど頭にもその内容が残ります。

例えば、お子さんが観ていた日の内容がとてもひどいもの

(ひどいものって言ったら番組スタッフに誤解を招きますね。

悪者がたくさんの人を苦しめたりする…というイメージです)だとします。

 

親は、普段通りにそばにいないでそれぞれ用事をしていたら、

その内容を知らないままになってしまいます。

 

お子さんの頭にはおそらく強烈な番組の内容が残ります。

それをそのままにしておくと、夜それを思い出して泣き出したり、

脳が興奮して普段では駄々をこねないところで、イヤイヤをしたりする可能性があるんです。

 

なので、番組の内容は親もしっかりと把握して(できれば一緒に座ってみられるのが理想です)、

強烈なシーンがあった場合にはそれに集中させないように声をかけてあげてほしいんです。

 

例えば、「わ~、あれはひどいねぇ。なんてことするんだろう!ひどいと思わない?」

など問いかけを混ぜると効果的です。

 

お子さんは問いかけられたことで集中力は途切れ、

その問いかけに答えようと一度番組の内容を冷静に考えることができるからです。

 

戦隊もので怖いのは、内容が鮮明に頭に残ってしまうこと。

仲間同士が助け合って同じ目的を達成しようと頑張っている姿などが

鮮明に残る分には問題ないのですが、

先ほども書いたような強烈なシーンがそのまま鮮明に残ってしまうのは、

あまりいいことではありませんから注意が必要なんです。

スポンサーリンク

子供には戦隊ものを観る理由があることを理解しよう

戦隊ものの見かたがわかったところで、

子供たちがある一定の時期になると戦隊ものにハマる理由をご紹介しましょう。

 

実は、保育園や幼稚園に入園すると、多くの園では発表会などがあります。

その発表会では男の子は戦隊ものの主題歌などでダンスをしたり、歌ったりすることが多いんです。

 

戦隊ものの主題歌がダンスの曲に決まった場合、

それを観ていなかったお子さんはあまり盛り上がりません。

 

逆に普段から観ているお子さんは急にテンションが上がったりして

ダンスを覚える速度も早いそうです。

 

発表会に限らず、普段の会話の中でも戦隊ものをやった翌日には

その内容が話題になることも少なくないようですよ。

 

以前、私が児童館に勤務していた時には、

小学生でさえ戦隊ものの話題を楽しそうに話していましたから。

 

たまたま私もその頃は、話題についていくために観ていたのですが、

私が話題に加わると子どもたちも楽しそうに真似をしてくれたりしてました。

 

戦隊ものの魅力を分かち合える仲間がいることは

子供にとっても嬉しいことなのかもしれませんね。

 

もし、観ていなかったとしたら、話題に入って行けず、

保育園や幼稚園くらいの子供だと仲間外れの意識がないまま、

話しが分からないこと話さなくなったりする可能性もあるそうなので、

子供には子供なりの事情があるのかもしれませんね。

男の子がハマる戦隊ものって何歳から?いつからならいいの?【まとめ】

  1. 戦隊ものを観るのに対象年齢はあまり関係なく観たいと思った時期に見せてあげて反応を見るのも必要
  2. 戦隊ものを観る時には親も一緒に観て内容を把握しておくことが大事
  3. 保育園や幼稚園に通うようになると園での話題として戦隊ものは盛り上がるので観ていないと話題についていけない可能性がある

 

戦隊ものは戦闘シーンやいじめに通じるシーンがあるのは事実です。

それがなければ悪者が悪者にならないからですよね。

 

なのでそんなシーンを見せたら我が子が乱暴になるかもしれない、

悪者の真似をしてしまうかもしれないと心配する親御さんは多いでしょう。

 

ただ、乱暴になるのは戦隊もののせいではないんです。

日頃から「いいこと」「悪いこと」をお子さんと話し合うことで

自然といいことと悪いことの判断ができるようになるからです。

 

「そろそろ戦隊ものにハマるかもしれない」と思った年齢のお子さんには前もって、

いいことと悪いことを教え始める時期の目安にしてみませんか?

 

ちなみに、3~4歳でものすごくハマっていた戦隊ものでも、

早ければ5~6歳で飽きてしまう子もいるそうです。

 

その後は、ゲーム機で遊ぶことにハマる子が多いようで、

今度は戦隊ものの心配ではなく、ゲームで知らない人とつながるなどの心配が出てくるようですよ。

 

いくつになってもその時々で、お子さんと話し合い、

いいことと悪いことを教えていくのも育児の大切なことなのかもしれませんね。

スポンサーリンク
おすすめの記事