七五三っていつする?年齢性別の違いや由来まで徹底的に教えます

七五三とはその呼び名の通り、子どもが7歳5歳3歳のときに行う成長を祝う行事ですよね。

では七五三は子どもが満年齢でするのか、数え年でやるのか、どちらが正しいと思いますか?

もし数え年で七五三をするとなると、早生まれの子どもにとってはなかなかハードルの高いものになるのではないでしょうか。(早生まれとは1月1日から4月1日がお誕生日の子のことを言いますよね)

普段着慣れない着物での撮影やお参りを考えたら、この1歳の差は大きいので満年齢で七五三をやりたいと思う方も多いはず。

 

結論から言うと、七五三は数え年でも満年齢で行ってもいいんです!

しかし、性別によって祝う年齢が違ったりするなど七五三には色々な決まり事があります。

日々の育児や仕事に追われていたら、気づかないうちに七五三の時期をこえていた~!しなくてもいい年齢でお祝いしちゃった~!とならないように今のうちにしっかり七五三について知っておきましょう!

という私は現在3歳の娘と6歳の息子(もうすぐ7歳)をもつ二児の母でもあります。

我が家の経験も含めてこれから七五三のいろいろ、お話ししていきますね~!

スポンサーリンク

七五三っていつやるの?

七五三は、数え年でも満年齢で行ってもOKだと冒頭でお話ししましたよね。

それではどの時期にお参りを行うのが正解なんでしょうか?

10月11月あたりになると神社で七五三ののぼりをなんとなく見る気がするので大体そのあたりかな~なんて予想がつくところですが、本来七五三の日は決まっていて11月15日が行うというのが正解のようです!ご存じでしたか?

 

11月15日が平日だったり、都合のつかない日だったりすることもあると思います。

その日をあくまでも目安としてとらえて、その日に近い日程で家庭の都合の合う日にお参りに向かいましょう。

我が家の場合も11月の都合のつく日にお参りをしました。

男の子と女の子で祝う年齢が違う?

では、男の子と女の子で七五三の時期が違うのをご存じでしょうか?

男の子は3歳、5歳でおこない、女の子は3歳と7歳で七五三をお祝いするようになっています。

なぜ男の子と女の子でお祝いする年齢が違うのでしょうか?

というわけで、そうなった由来を以下にまとめてみました。

3歳「髪置きの儀」…むかし、生まれてから3歳になるまでの子どもたちは生えてきた髪を剃る風習がありました。

これは男女関係なくおこなわれていたようです。

なぜ髪を剃っていたかというと、剃った頭からは健康な髪の毛が生えてくると当時は信じられていたんですね。

3歳になると赤ちゃんを卒業したということで、それ以降は髪の毛を伸ばすようになります。

そのためのお祝いの儀式として出来たのが「髪置きの儀」なのだそう。

5歳「袴着の儀」…成長した男の子が初めて袴を着ることをお祝いとした儀式が「袴着の儀」です。

実はこの儀式、平安時代には女の子も受けていたり、受ける年齢は地域によってさまざまでした。

江戸時代に入り、男の子だけの風習に変わっていき、それが現代に定着したそうです。

7歳「帯解の儀」…当時の女の子は7歳になるまではひものついた子ども用着物を着ていました。

7歳になると、大人と同じ仕立ての着物を着るようになります。

大人と同じように着物を帯で結ぶようになることをお祝いする儀式が「帯解の儀」と言います。

むかしの習わしが少しずつ変化しながら、いまの七五三に至るわけですね。

昔からやっていた文化が、いまも続いていると思うとなんだか感慨深い気持ちになってきます。。 

スポンサーリンク

七五三のもともとの由来とは…

七五三の由来ですが、諸説いろいろあるんだそう。

そのむかし11月は、収穫を終える時期でその実りを神に向かって感謝を伝える月でありました。

15日は「二十八宿の鬼宿日」とされ、分かりやすく言うと、この日には何をしても吉だぜ、ハッピーラッキーな日!だと認知されていたそうです。

「二十八宿の鬼宿日」ってなんじゃそれ?と知識のない私はハテナでいっぱいになってしまいましたが、鬼が宿る日ということで、鬼が家から出ない日と考えたらいいみたい。

つまり、15日はそれほど縁起が良い日とされていたんですね。

氏神へ収穫の感謝もあわせて子どもの成長を感謝し、健康を祈るといった意味で11月15日になったという説がひとつあります。

 

もっともらしく語っちゃいましたが、つぎの説がもっとも有力な説なんだそう。

天和元年の11月15日に徳川綱吉の息子である徳川徳松の健康を祈って始まったとされるお話です。

徳川綱吉は「生類憐みの令」を発布したことでもめちゃくちゃ有名な江戸幕府の第五代将軍ですね。

犬好きっていうイメージを勝手にもってたのですが、犬だけでなく愛する息子のために健康をお祈りしていたなんて、超ハートフルなお方だと思うのは私だけでしょうか(笑)。

いずれにせよ七五三のきっかけを作ったのは徳川綱吉だと言われています。

江戸城でお祝いをしたということから最初は関東でひろがりを見せた七五三ですが、そのあと京都や大阪にも拡がり、徐々に全国区に文化が拡がることになったみたいです。 

我が家の七五三の場合…

我が家の3歳の娘は5月生まれなので、数え年でやるにはまだ早いかな~と思い、満年齢になった今年に七五三のお祝いをすることにしました。

せっかく可愛い着物を着るなら、ぐずらずに着られてしっかり写真を撮れるようになる時期を待ちたいものですよね。

息子の場合も、満年齢を待って3歳と5歳で七五三のお参りをしました。

 

ちなみにお参り時の服装ですが、息子が3歳のときはお参り前の撮影時に着物を嫌がっていたこともあり、普段よりちょっとフォーマルな恰好でお参りに行きました。(と言っても普段着にジャケットを羽織る程度です)

しかし、暴れまくっていた息子も5歳になるとしっかり着物を着てくれるようになり、にこやかに撮影ができ、大人しくお参りに行けるようになったんですよね…。

こういう成長した姿に毎回、母は涙しちゃうんですよね~…!とついつい熱く語っちゃいましたが、七五三は子どもの成長を祝う儀式であるとともに成長も感じられる機会でもあります。

撮影のときやお参りのときにぐずってしまっても、それもすべて良い思い出になるはず…、と思って乗り切りましょう!

七五三っていつする?年齢性別の違いや由来まで徹底的に教えます まとめ

1. 本来、七五三をする日は11月15日と決まっています。その日を中心として家族の予定の合う日を選んでお参りに行きましょう!

2. 七五三のはじまりは、徳川綱吉の息子のお祝いをしたことが起源であるという説がもっとも有力だそう。

3.  七五三のお祝いをする時期は男女でちがい、3歳は男女、5歳は男の子、女の子は7歳でお祝いをするとされています。

4. 我が家は満年齢で前撮りの撮影と、七五三のお参りをしました。3歳のとき手の付けられなかった息子が5歳になって成長している様子を感じられるのは七五三ならではですよね!

 

子どもの成長はあっという間に過ぎるのと同じように、七五三の時期もあっという間にやってきます。

時期を逃さないためにも、七五三の準備やフォトスタジオはどこがいいか、どこの神社でお参りするかなども含めて前もって情報収集をしておきましょう!

ちなみに我が家の今年の七五三は、3歳の娘と一緒に親子で着物をきてお参りに行こうと考えています!

子どもの成長をお祝いする気持ちも大切ですが、大人の方も七五三を楽しんじゃうのもアリです!

いまから娘の髪型と私の髪型どうしよう~とにやにやしながら考えちゃっています(笑)

ぜひ素敵な思い出がつくれる七五三になるように願っています!

スポンサーリンク
おすすめの記事