海の日を子供に簡単に説明したい大人の方へ

私は誕生日が7月なのですが、子どもの頃は7月に祝日はありませんでした。

 

それがいつの間にか「海の日」という祝日ができて、当初は720日と定められていました。

 

そして今では7月の第3月曜日に変更されていて、私の頭の中は浦島太郎状態です。

 

ただ「海の日」って、学校生活が始まると夏休みの始まりとかぶってくるんですよね。

 

そこで、子どもに「海の日」ってどんな祝日なの?と聞かれた時のために、大人たちも「海の日」について知っておいた方がいいかもしれませんね。

 

子どもに間違ったことを伝えないために、「海の日」ついて調べてみたので紹介していきますね。

【結論】
・「海の日」は海に感謝する日、その由来は明治天皇が深く関係している
・「海の日」はハッピーマンデー制度により、毎年日にちが変わる
・海に囲まれた日本にとって、海がどれだけ大切なのかを伝えよう
【こんなママに読んでほしい】
・ある日突然「海の日」が出来て、その由来を全く知らない
・「海の日」って何?と子どもに聞かれてしまった
【この記事を読むメリット】
・日本人にとって、海や船がどれだけ大切なのかを知ることができる
・現在の、日本の祝日制度について理解することができる
スポンサーリンク

「海の日」は海に感謝をする日だった

私が住んでいる地域では、毎年「海の日」には港で大きな花火大会が開催されます。若い頃は友達といつも一緒に見に行っていました。

 

私にとっては港で花火がある日が「海の日」という位置づけだったのですが、さすがにこんな理由ではない・・・のは私にもわかります(笑)。

 

そこでいろいろ調べてみたのですが、難しい言葉で説明してあるサイトも多くありました。ただいろいろ調べていくうちに、自分なりに解釈することができましたよ。

 

大切なのは次の2点です。

 

  • 四方を海に囲まれた日本にとって、海はとても大切なモノである
  • かつて明治天皇が船で地方を巡幸された時、無事に帰還された7月20日を記念日とした

 

「海の日」制定の由来は、これらが大きい起因となっているそうです。確かに日本は周りを海に囲まれているため、境界線がどこも隣国と接していませんものね。私も小さな頃はそれが当たり前のことだと思っていましたが、学校で学ぶうちにこれが特別なことなんだと理解するようになりました。

 

ヨーロッパ諸国やアメリカ、中国などの誰もが知っている国だって、陸の国境というものがあり、一歩向こうはよその国というのが当たり前なんですよね。海に囲まれている日本は、海に守られ海に生かされているんです。

 

私たちは海の幸の恩恵に授かっていますし、海を越えなければほかの国へ行くこともできません。

 

けれども私は海に携わる仕事に就いているわけではなく、海は遊びに行くところというイメージがあります。だから「海の日」は、海を楽しむ祝日という意味だと勝手に解釈していたのですが、もっと海に感謝をするべき日だったのですね。

 

そしてもうひとつのポイントが、明治天皇です。

 

今、海外旅行に行くならどんな手段で行きますか?豪華客船という手もありますが、多くの人は飛行機を利用しますよね。

 

でもそれが主流になったのは長い歴史の中でもごく最近のこと。

 

ずっと鎖国をしてきた日本にとって、明治という時代は近代国家としての道を歩み始めます。

 

それは天皇にとっても同様で、明治天皇は天皇としての今までの歩みを大きく方向転換された方でもあったのです。

 

そんな明治天皇が初めて海外製の汽船に乗って巡幸され、無事に船旅を終えて帰港されたのが1876720日でした。

 

もちろんそれまでも海洋国家である日本には多くの船がありましたが、どれも国内で生産された船です。

 

そして天皇陛下が乗船される場合には軍艦が使われていたのですね。

 

鎖国をといて諸外国との交流が盛んになった日本は、日本中に灯台を作ることになり、その灯台のメンテナンスなどを行うために大量の船が必要になってきました。

 

国内生産だけでは追い付かないため、イギリスの造船所に船を発注し、それはのちに明治天皇が乗船される明治丸だったのです。

 

いくらまわりを海に囲まれているとはいえ、その当時、船旅はまだ一般的ではありませんでした。船というのは常に危険が付きまとう・・・そんな気持ちで庶民は見ていたのでしょうね。

 

けれども、明治天皇が海外製の船に乗って無事に巡幸を果たしたことで、一気に国民の船への信頼は高まります。

 

つまり、人々が安心して船旅を楽しみ、日本各地や海外へ旅に出るきっかけを作ったのが明治天皇だったのですね。

 

きちんとした理由が分かれば、当初「海の日」が720日だったということがわかりますね。

 

そして由来を知った後は、個人的にはやっぱり「海の日」は720日のままでいて欲しかったなと思ってしまいました。

なんで「海の日」は720日ではなくなったの?

ここで素朴な疑問です。「海の日」が720日に制定された由来はとてもいい話なのに、なんで今では「7月の第3月曜日」になってしまったのでしょう。

毎年日にちがころころ変わってしまうので、祝日の意味が薄れていってしまうような気がしますよね。

 

これは2003年から取り入れられている「ハッピーマンデー制度」によるものなんです。

 

今の日本では、週末は土日が連休となっていますよね。そこに月曜日を祝日としてつなげると3連休になるわけです。

 

休みが3日続くことで、国民が広く休暇を楽しみ、経済活動も活発化するという政府の考えから「ハッピーマンデー制度」が取り入れられました。

 

すべての祝日がこの制度を利用しているわけではなく、「成人の日」「海の日」「敬老の日」「体育の日(スポーツの日)」が対象です。

 

祝日の意味を考えると、これら4つの記念日にもちゃんとした由来があるわけで、そう簡単に「ハッピーマンデー制度」を利用して日付を移動させてしまうのはどうなのかな?という気がします。

 

「海の日」についてもし子どもに聞かれたら、ちゃんと昔は720日という決められた日だったということは伝えていきましょうね。

スポンサーリンク

子どもにもわかりやすく「海の日」を伝えよう

「海の日」は子どもたちと一緒に海のことを考えるいいチャンスの日です。でも難しい話をしても、きっと海の大切さは伝わりませんよね。

 

もし「海の日」に興味を持てば、きっと子どもが自ら大きくなった時に調べるはずです。

 

そのきっかけを作ってあげるのが親としての務めではないかなと考えています。

・昔は船の旅は不安がられていたけれど、明治天皇のおかげでみんなが安心して船で旅を出来るようになった
・日本人にとって魚はとても身近な食べ物。海には魚だけでなく、エビやタコ、わかめや昆布などの豊富な食材がある
・船が運ぶのは人だけではない。海外からいろいろなモノを運んでくれる、そして日本から海外へも荷物を運んでくれる

 

海に囲まれている日本にとって、海はとても大切な存在なんですよね。

 

東日本大震災で大津波が起こり、甚大な被害をもたらしたのも海ですが、一方でさまざまな恩恵を受けているのもやっぱり海なんですよね。

 

日頃、海について真剣に考えることがない我が家ですが、今度の「海の日」には家族でちょっと話題にあげてみようと思っています。

 

この記事を読んでいるあなた、「海の日」の由来知っていました?知らなくても大丈夫!ここで由来を知って、子どもたちに海の大切さを伝えてあげてくださいね。

まとめ

  1. 「海の日」は海を楽しむ日なのではなく、海に感謝する日だった
  2. かつて「海の日」が720日だったのは明治天皇の巡幸(船旅)がきっかけ
  3. 海に囲まれた日本にとって海は食材の宝庫であり、船は人やモノを海外へ運んでくれる大切な役割があると子どもに伝えよう

 

みなさんは「海の日」がいつか知っていますか?かつては720日だったのですが、今は7月の第3月曜日と定められています。

 

そもそも「海の日」は祝日のなかでも新しくできた記念日ですよね。なぜ「海の日」作ったのかというと、ポイントは二つあります。

 

  • 海に囲まれた日本に住む国民が海に感謝する日
  • 明治天皇が船旅を無事に成功させたことにより、国民の船に対する不安感を取り除くことができた

 

これらが「海の日」制定の由来となっています。

 

今では「ハッピーマンデー制度」により、「海の日」は720日ではなくなってしまいましたが、もし子どもに「海の日って何?」と聞かれたら、海の大切さと記念日の由来をきちんと伝えてあげられるといいですね。

 

今年の「海の日」は、海にちなんだレジャーを楽しむとともに、家族で海について考えてみるのもおすすめですよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事