ワーキングマザーが正社員からパートになるとどうなる?辞める前の注意点は?

結婚後も変わらず働く女性は少なくない時代。では子供ができたら?子供が生まれたら?

 

この分岐点で、一度は選択を迫られることって多くないですか?

私は子供の妊娠が分かった時には派遣社員として働いていました。

 

ギリギリまで働いた後、派遣社員を辞める予定で会社側にもその旨伝えて了解をもらっていたので、予定日ギリギリまでは働けると思っていました。

 

ところが、そう予定通りにはいきませんでした。

妊娠初期に流産の恐れがあり、急遽退職することに。

私のようなケースはそんなに多くないと思いますが、予期せぬ退職となってしまったことは正直残念でした。

 

今考えると、あの時無理をして仕事を続けていたら、今我が家には子供はいなかったかもしれないので、退職を選んだことは後悔していませんがね。

 

こんなケースではなくても、「今まで正社員だったけれど子供が生まれたからパートに」とか「子供が小さい間は一旦やめよう」と考えるママもいるでしょう。

そしてその選択に後悔がない人、後悔した人、それぞれだと思います。

 

今回は、正社員からパートに変えたメリットとデメリットや仕事を辞めた感想などをまとめていこうと思います。

【結論】
・ワーキングマザーが正社員からパートになると時間的な融通は利くようになるが収入は減ってしまう
・将来設計を立ててから雇用形態を変更するかどうかを考えた方がいい
・仕事を辞めてしまうことは後悔することもあるが育児での利点もある
【こんなママに読んでほしい!】
・子供が生まれて雇用形態を変えたいと考えているワーキングマザー
・雇用形態を変えた時のメリットとデメリットが知りたいワーキングマザー
・仕事を辞めようか迷っているワーキングマザー
【この記事を読むメリット】
・雇用形態を変更した時のメリットとデメリットを知ることができる
・将来設計を立てる必要性が分かる
・仕事を辞めた後のイメージがつかめる
スポンサーリンク

正社員からパートになった場合のメリットとデメリットって?

正社員。社会的にも信用を得られやすく、収入面や福利厚生が安定しているというメリットがある雇用形態ですよね。

 

できることなら長く正社員を続けたいと思っているワーママも少なくないのではないでしょうか。

でも、子供が生まれてしばらくは子供との時間も大切にしたいし、やってあげたいことだってたくさんある。

 

そう思っているママは多いと思います。

では、もし、育児を優先させ、パートに変えたとしたらどんなメリットがあるのでしょうか。

 

私は結婚後はそのまま正社員を続けていましたが、育児休暇などがあまり充実していなかったので、派遣社員に変えた経験者です。

 

その後、出産を経てパートでの仕事を再開させました。

正社員、派遣社員、パートを経験して感じたメリットとデメリットは次からご紹介します。

パートのメリットとは?

まず、パートの最大のメリットといえば、時間の融通ではないかと思うんです。

新生児の頃には、体調を崩すことはほとんどないと思いますが(母親からの女性ホルモンがある程度赤ちゃんの中にあり、それらが免疫となって新生児を守ってくれるためです)、時期が過ぎた途端、発熱だの風邪だのにかかりやすくなります。

 

体調不良って「いついつ体調不良になります」と計画的に具合が悪くなるわけではありませんよね?特に子供の体調不良は、ホントに突然です。そんな時にはやはり正社員よりパートの方が時間の融通が利きやすいんです。

 

主なメリットはコチラ!!
・働く時間が決まっていることが多く、予定を立てやすくなった
・休みなどの融通が利くので、子供の検診や体調不良などにも対応しやすくなった
・もし収入面で不安がある場合には副業ができた(内職など)

 

子供が小さいうちは検診などがありますよね。

しかも土日にやってくれることなんて私の住んでいる地域ではありませんでしたから、もし正社員のままだったら休みを取らなくてはいけませんでした。

 

もちろんパートだって休みは取りますが、扶養の範囲内での収入を考えると定期的に休みを入れることは、雇用側も了解済みだったので休みを取ることに対しての罪悪感などはありませんでした。

正社員では、やはり休みを取るのだって、なかなか難しかったと思います。

パートのデメリットとは?

メリットだけ見ると育児中はパートの方がいいと感じる人も多いと思います。

でも当然ですがデメリットだってあるんです。

 

主なデメリットはコチラ!!
・雇用契約が不安定なので長期契約してもらえる保証はない
・収入が不安定
・責任のある仕事を任せてもらえる確率が低い

 

最近の企業側の雇用体制では、正社員の人数を減らしてパートやアルバイトを増やし経費を抑えている所も多くなってきているようなので、職種によっては責任者として働ける場合はあります。

 

でも多くのパートは収入の制限などもあり、なかなか責任ある仕事は任せてもらえません。

正社員としてやりがいを感じていた経験がある人にとっては、物足りなさを感じるかもしれませんね。

 

そして、契約方法のほとんどが契約期間が決まっていて、期間満了時に更新するかどうかを聞かれるという形だと思います。

長く働きたいと思えば更新すればいいのですが、企業側の都合で更新してもらえないことがあります。

 

正社員の場合は、解雇となればそれなりの保証がありますが、パートの場合、契約満了まで働いた場合には、なんの保証もなく収入がなくなってしまうという怖さがあります。

 

正社員の頃のようなボーナスなどもありませんし。あったとしても、ほんの少しの気持ちといった感じでしょう。

とにかく、正社員と比べてしまったら収入面は劇的に変わると思っておいた方がいいと思います。

仕事を辞めたいなら辞めてから後悔しないように!無計画はNG!!

次に、雇用形態を変えるのではなく、仕事自体を辞めてしまった場合はどうでしょう?

収入がなくなるというデメリットは敢えて書かなくてもおそらく皆さんご理解いただけていると思いますが、他にも辞めてから後悔した人って結構多いんですよ。

 

仕事を辞める前には必ず、辞めた後のことをしっかりと考えて計画を立てましょう。

 

想像以上の貧困を経験

まず、当たり前ですが仕事を辞めるということは収入がなくなるということですよね。

でもたいていパパの収入だけで何とかやっていけるだろうって思って辞めませんか?

 

毎月の支出をざっと計算して「パパの収入だけでやっていける」と思って辞めたはいいけれど、実際はそれ以上の支出があったり、仕事を辞めてから臨時出費がかさんだりすることもないとは言いきれません。

 

その結果、辞める前に想像していた以上に貧困を経験することだってあるんです。

 

しかも大人なら我慢できること、例えば食などでも子供は我慢なんてできません。まして赤ちゃんともなれば、ミルクだったり離乳食だったりを節約することなんて難しいですよね。

 

さらに意外と出費がかさむのが紙おむつを利用している場合です。あれって結構お高いですからね。

我が家は、肌が弱く、「今日の特売の紙おむつはコチラ!!」なんてチラシが入ってきても特定のおむつ以外はすべてかぶれてしまったので、安くても高くてもその紙おむつしか使えなかったので出費の面で苦労しました。

辞める前に現状を把握して将来設計をできるだけ細かく立ててみよう

おおよその収支での計算ではなく、できるだけ細かく計画を立てることも大切です。

辞める前に一度現状の収支を把握します。

次に将来決まっている支出を書き出します(例えば幼稚園入園時や小中高校入学時、大学入学時など)。

 

例えば現状の収支はパパの収入だけで大丈夫だとします。

その場合、将来のために毎月どれくらい貯金することが可能かを出してみます。

もし、貯金に回せる額がない場合には、ママが仕事を辞めてしまったらパパだけの収入での生活は困難になる可能性が高いと思っていてください。

 

将来必要な支出をある程度貯金できるまで仕事を続けて、その後辞めるという計画なら全然問題ないと思いますよ。

 

結婚時に、「将来子供ができたら仕事を辞める予定」と決めていたとしたら、その段階から出来るかぎりママの収入は貯金用とし(もちろん、全額ではないですよ。ママだって好きなものがほしいでしょうから)、パパの収入だけで生活する癖をつけておくのもいいかもしれません。

 

子供が生まれてから辞めたいと考えた場合には、やはり将来設計は大切だと思いますので、是非夫婦で話し合って無理のないようにしてほしいと思います。

スポンサーリンク

ワーキングマザーが仕事を辞めて後悔したこと

将来設計も問題ないから仕事を辞めることにした。

そう夫婦で決めて、無事に辞める準備が整って一安心♪

 

ちょっと待ってください。

 

お子さんはどうなりますか?

まだ未就園児だった場合には、幼稚園は決めてありますか?

保育園に通っていた場合、幼稚園の情報ってあまり入ってきませんよね。

 

どんな幼稚園があるのか、それぞれの幼稚園の特徴はどんなか?などを調べておくことも大切です。

そして、既に就園児だった場合、仕事をしていた時には保育園に通えていても、保育園は条件が整っていなければ受け入れてもらえませんよね。

 

とはいっても、仕事を辞めたから近くの幼稚園に転園を…と思っても、園によっては新年度からしか受け入れをしていなかったり、残り1年(年長さん)しか通えない子は受け入れないなどの条件がある場合があります。

 

お子さんの転園を含めて、きちんと計画を立てて、それでも大丈夫ならば恐らく辞めてからの後悔はあまりなくて済むと思いますよ。

ワーキングマザーが正社員からパートに…ワーママ辞めた後悔とは?【まとめ】

  1. 正社員からパートに変えた場合のメリットは時間の融通が利きやすいこと
  2. 正社員からパートに変えた場合のデメリットは収入や雇用契約が不安定になること
  3. 子供が生まれて仕事を辞めようと考えるなら将来設計から必要な支出額を細かく計算し、パパの収入でやりくりできるかを夫婦でしっかり話し合うことが大切

 

子供が生まれて、パパが「雇用形態を見直そうかなぁ?」なんて思うことは少ないと思いますが、ママはどうしても子供優先の生活を考え、「どうしようかなぁ?」と思ってしまいませんか?

 

保証もしっかりしている正社員はとても魅力的ですし、何より収入が安定している分、将来の計画も立てやすいというメリットがあります。

福利厚生や社会的な信用もあるし、退職時には退職金だってあるでしょう。

 

そして、なんといっても半期に一度のご褒美である賞与はとても魅力的ですよね。

でも反面、ママが正社員の場合はお子さんとの時間も圧倒的に少なくなります。

 

職場まで連れて行って隣りの席に座らせて仕事ができるならお子さんとの時間や関わりは減りませんが、それを許してくれる職場なんてほとんどないのでは?

 

私が知る限りそんな融通の利く職場は聞いたことがありません。

それでも生きるために必要な収入の安定を手放すのには、恐らく勇気が必要でしょう。

 

日替わりで成長する時期を見逃さないように子供との時間を最優先させるか、子供の将来のために収入を最優先させるか、悩むところですよね。

子供を最優先にすると決めて思いきって仕事を辞めたとしても予想以上の支出に後悔する人だっていますし。

 

雇用形態を変えるにしても、仕事を辞めるにしても、できるだけ後悔しないように先の先まで予想した計画を立てることはとても大切なことです。

どんな選択をしたとしても、未来は家族と一緒に笑っていたいですからね♪

スポンサーリンク
おすすめの記事